釣り 初心者向けウキ釣り講座2

IMG_2950

今日は以前書いた初心者向けウキ釣り講座道具編の続きとなる仕掛け作成編です
紹介した道具を使った仕掛け作りでポイントとなる所等を書いてみようかと思いますよ

あくまで初心者向けの物となります。
また、主に餌巻きテーラーを使ったイカ釣りで使う仕掛けとなります。

 

IMG_2947

まずはウキ止めですね
誘導式のウキ釣り仕掛けの要となる物です
このウキ止めの位置を調整する事でタナを調整する事が出来ます。

個人的には2個付けを推奨
2個付ける理由としては「ズレ防止」「タナの記憶」等が上げられます。

釣れるタナが決まればお互いの距離を縮める事でズレを防止出来ますし、タナが決まりきっていない時は以前のタナが解る様にそれぞれを離して使用したりします。

IMG_2948

画像の様に自分で絞め込むタイプのウキ止め糸の場合は必ず「増し締め」出来るだけの端糸を残しておく必要があります。
画像の物は1年間放置してたんでかなりヘタってますが本来はもう少し短くしますw

あまり強く締め込むとラインに傷が付いてそこで切れてしまいますし、締め込みが甘いと今度はすぐにズレてしまいます。
これはもう感覚的な物なので少しずつ絞めこんで力の加減を覚えるしかありません。
くれぐれも締め過ぎない様に

 

IMG_2954

ウキを付ける箇所をインタースナップタイプにする場合はウキ止めとの間にシモリ玉を挟む必要があります。
これが無いとウキ止めでサルカンが止まりません。

シモリ玉は上下で穴の違うテーパー状になっている物が多いので、上に付けるシモリ玉は穴の小さな方を上(ウキ止め側)にし、下に付けるシモリ玉は穴の小さな方を下にします。
しかし下のシモリ玉は必需ではありませんので付ける必要はありません(個人的にはなんとなく付けます)

 

IMG_2952

こちらはインタースナップではなくシモリペットタイプの場合の仕掛けです。
シモリペットだとシモリ玉は必要ありませんので仕掛けが簡素になります。
シモリ玉はどうしても負荷になるのでこちらの方を好む方が多いかも?
シモリペットタイプでもシモリ玉を通す方もおられます。

 

IMG_2949

次にからまん棒です
このタイプのからまん棒だと前もってウキ止めゴムを道糸に通しておく必要があります。
円錐形になっているゴムの場合は向きに注意

 

IMG_2950

仕掛けの全体図は最初に貼った画像の様になります。

ウキ止め→シモリ玉→スナップ→からまん棒

後はスナップに棒ウキを取り付けてラインの端にスイベルを結ぶだけです。
とても簡単です。
改めて見るとからまん棒に付けてるゴムが上下で違うなw

 

からまん棒の下にスイベルを付けて仕掛けの完成となりますが1点大事なポイントが有ります。

 

IMG_2951

棒ウキを使う場合はからまん棒とスイベルまでの距離は棒ウキの長さ分取る事を覚えておいて下さい。
これを守らないと道糸が絡み易くなるので注意が必要です。
棒ウキの長さによって距離が変りますので一定では無いという事です。

 

如何だったでしょうか
「仕掛け」というと初心者の方にはとても難しく聞こえる様ですが実はとても簡単です。
特に餌巻きテーラーを使った棒ウキ仕掛けは難しい事を考える必要もないので初心者向きと言えるでしょう。

次回は現地について仕掛けを作り実際に釣りをする時の簡単なポイント等を紹介出来れば書きたいなと思っています。
お時間があればまたお付き合い下さい。

 

PS.
現在スパム対策で一部の記事へのコメント受付を中止しています。

 

 

スルルセラミックはSかMが適合します
ラインの太さで使い分けて下さい
餌巻きテーラーだと3号~5号のナイロンラインを使いますのでMサイズが汎用性が最も高いと思います。
この手の商品にしては高額ですが耐久性が高いのでかえって安くなるかも?

広告

釣り 初心者向けウキ釣り講座

IMG_2930

ウキ釣りをしてみたいけどやり方が解らない
これから餌巻きテーラーを使ってイカを釣りたいけど釣り方がよく解らない
そんな人に向けて最低限必要な道具等の紹介や釣り方の説明を簡単にですがしてみようと思う

主に餌巻きテーラーを使ったイカ釣りの解説になります。

 

今回は「とりあえずこれだけあれば大丈夫でしょう」という最低限必要な道具をご紹介
基本的に仕掛けを上から順番に説明していきます。

一部20年以上前の物が混ざってるので現行品とパッケージや名称が違う可能性がありますw

 

IMG_2931

まずはウキ止め
テーラーを使ったイカ釣りでは固定ではなく誘導式のウキ釣り仕掛けを用いて釣りをするのでウキ止め糸が必要になります。
ウキ止め糸のタイプに関しては以前少し書いた事があるのでこちらの日記をご覧下さい。
ユニノットが出来るなら自分で結ぶタイプがいいでしょう

 

IMG_2932

シモリ玉

これはウキ止め糸の場所でしっかりとウキを止める為に必要になります。
※使わない場合も有り

 

IMG_2938

シモリペットまたはインタースナップサルカン

ウキはこのスナップに取り付ける事になります。
このシモリペットはおそらく中学生の頃に買った物です
余裕で20年以上前の骨董品
今現在はDUELのスルルセラミックを使っています。
http://www.duel.co.jp/products/sururu_ceramic

 

IMG_2934

からまん棒

これも多分20年以上前の物じゃないかなぁ
自分達の世代だとからまん棒と言っていた物ですが今現在はなんていうんでしょう?
ウキはこれを付けた部分より下には行きません。

 

IMG_2935

ガン玉

これまた古そうなパッケージが出てきましたわ
テーラーを使ったウキ釣りの場合は主に浮力の調整で用います。
この画像の様にあまりにも古い物は隙間が埋まっちゃってて使い物にならないのでお奨めしませんw
テーラーの場合は絶対に使うという物ではありませんが、上記の様にセットになった物を1つは買っておいた方がいいでしょう。

 

IMG_2933

サルカン

樽型のサルカンですね
仕掛けはここで一旦終了となり、この下に市販のテーラー仕掛けを結束する事になります。
既製品のテーラーによっては最初から付いてる物もあるのでその場合は必要ありません。
が、まぁ持っておいた方がいいかと思われます。
画像右の物は大き過ぎて浮力の邪魔をするので強度が許す限り左の様に小さいタイプがお奨めです。

 

IMG_2939

棒ウキ

要の棒ウキです
画像の物は電気ウキですが電気ウキの場合は冨士灯器かハピソンの2種類しかありませんので好みの方を選択しましょう
個人的には冨士の方が好きだけどまぁ好みの問題です。
電気ウキは高くてきついという方はケミホタルを装着出来るタイプの通常の棒ウキでも大丈夫ですよ。

ウキの号数はテーラーの重さに合わせて2号か3号を使います
基本的にテーラーの号数=ウキの号数となりますが、テーラー2個共に鶏ササミを付ける場合は1号上げた方が無難です
富士の3号は浮力が高いので大丈夫だと思いますが、ハピソンのウキは余力浮力が少ないので2号のテーラーに3号のウキがお奨めとなります。
また、富士の物でも2号の電気ウキだと浮力が足らないので出来るだけ3号を使うといいでしょう。
つまり富士の電気ウキの場合はテーラーが2号・3号共に3号のウキを使うという事です。

ウキに関しては以前に少し書いた事があるのでこちらもご参照をば。

餌巻きテーラーでは非自立式がいいでしょう。

 

IMG_2937

ウキ用電池

これがないと電気ウキの存在意義がなくなるので絶対に必要な物です。
パナソニックか富士の物になります。
サイズが2種類あるので間違えない様にしましょう。
基本的に2号や3号のウキだと大きい方を使います。

IMG_2936

ケミホタル

ケミホタルですね。
25タイプはテーラーの中に仕込む為に使うサイズです。
市販品のテーラーには中央部にケミホタルを挟み込める溝が付いているのでそこに嵌め込んで使います。

これは必需ではないのだけど、日によってはテーラーが光っていた方が反応がいい事もあるそうなので必ず用意しておきます。

 

IMG_2942

番外編
ブラックライトです

これも必需ではありません。
が、ケミホタルと同じ理由としてその日反応のいい物を探る為に一応もって行きます。
効果はこんな感じ

IMG_2940

テーラーを置いてるんだけど何も見えません
が・・・ブラックライトで蓄光すると・・・

IMG_2941

こうなります。
うーん、光り過ぎ
蓄光は普通のヘッドライトでも出来ますが、ブラックライトでやった方が短時間に強烈に光らせる事が出来る様ですね。
まぁ正直これで食いが良くなるのかは正直微妙な所かと思われます
ちなみにこのブラックライトは送料込み400円で買いました。

 

とりあえず必要な道具はこんな感じでしょうか。
多分これを一通りそろえればまぁ釣りは可能です
もちろんロッドやリール、ラインやテーラー本体が別途必要になります。

 

次回は今回紹介した仕掛けを実際にラインに取り付ける際の注意点等を書いてみようかと思っています。
お時間があればまたお付き合い下さい。

 

ブラックライトはこれだなー
価格は変って無さそうですね
とりあえずまぁ使えてますw

 

富士の電気ウキは電池がセットになってません。
確かハピソンの電気ウキだと1個だけ付いてきてたと思う
とりあえず電池は1個あれば1日は使えますが予備は絶対に必要なので電池は別途購入しておいた方がいいですね。

釣り ヤリイカにまぎれて

釣ってる時には気付いてなかった事
今日もイカの刺身を食べようと用意している時に気付いたんですが

IMG_0411a

ヤリイカにまぎれてケンサキイカがいた!
下2匹がヤリイカで上はケンサキイカです
こうやって見比べてみると全然違うように見えるのですが現地だとよくみないと解らないかも・・・
確かケンサキイカって釣れたばかりの時は真っ赤になってる事が多いと思うのですが赤いイカなんていたっけかな
主に食腕の長さで判断する事が多いそうで、見比べてみると明らかに食腕の大きさが違うのが解りますね。

食べ比べて見るとあっさりしていてコリコリとした触感のヤリイカ
甘みが強くねっとりとした触感のケンサキイカ
ケンサキイカは同じヤリイカ科のアオリイカに味が似ているかも
アオリもねっとり系ですよね
旬は冬ではなく暖かくなる時期だったと思うのですが同じタイミングで回遊しているんですね
不思議だ

そうそう、釣りしてる時にアオリイカの群れも3回程確認出来たのですがスッテへ全く反応してくれずエギを投入するも反応無し
大きさはそれ程でもなかった様ですが結構な数が回っていて興奮しました
かなりのんびり泳いでいたので捕食の為に寄ってきていたという感じではないのかな
1匹だけでも捕食スイッチを入れられれば群れ全部が真っ黒になって捕食体勢になると思うだけにちょっと悔しい感じ

今日は刺身に加えて煮付けとフライを作りましたがこれまた美味し
特にゲソの煮付けは最高でした
アオリやコウイカと違ってそれ程身が大きくないのですぐに消費してしまいますね
刺身だと1人1匹では少ないかな?という感じです