な・・・ない

3連休でした。
日曜日はタコ釣りへ
月曜日は朝マズメに1時間だけサーフへ

久々の500gアップの535g。
この時期に500g越えてくれると最高です。

日曜日は朝まで結構な雨が降っていたのでお昼からタコへ
以前の日記で雨が振った後はよく釣れると書いたと思いますが有言実行出来ました。

しかし人多過ぎ・・・
雨降ってたし真昼間からだし人いないと思って行ったのにみんな考える事は同じなのか隙間がない程に人だらけで参った

隙間にお邪魔して足元に落とすも反応無し
準備中のご家族がいたので一声かけて投げさせて頂いてのゲットとなりました。

タコが釣れた瞬間辺りがザワめく・・・
そして子供に囲まれる俺
やめてーーーーーーーーーー

タコが釣れるとほんと注目を集めてしまいますね。
まだ釣れそうだったけどなんだか恥ずかしくなって1杯だけで帰りました。

 

シンカー用のジグをロストした。
この部分は根掛り対策でわざと少し弱目の物を使っていますが、それはこの為です
ルアー本体を失うよりは大分マシかなと・・・
それでもやはりロストするとブルーになるおっさんがいる


 

月曜日のサーフは用事があったので1時間だけでしたが全くの無反応!
というか今年はキスが凄く悪いっぽい?
なんだかいい噂を全然聞きませんがどうなんでしょうか

釣れる気がしないのでゴミだけ拾ってそそくさと帰りました。
まぁ時間無さ過ぎてあんまやる気がなかったといえば聞こえはいいでしょうか・・・


 

ところで・・・

帰宅してベイトリールのメンテナンスをしようと用意していた時に気付いた悲しい事実

 

お解りいただけますでしょうか・・・

右側のグリップキャップが無くなっている事を・・・

 

うそだーーーーーーーーーーーーーー

 

一体どこで落としたのかさっぱり解らんぞ
家の中を探しても見つかりませんし、もしかして釣り場で落とした?
実は以前グリップの黒い部分を丸々落とした事がありまして、その内失くしそうだなぁと思ってはいたものの、まさかキャップ部分だけ落とすなんて予想もしてませんでした。

黒い部分が落ちてくれれば間違いなく気付くはずですが、キャップ部分だけだと気付かなくても不思議じゃない・・・
本当に最悪だ!

カストキングのRoverはノブだけの交換は出来ない作りなのでハンドル丸々交換するか、キャップをどうにかして手に入れるしか改善方法がありません。
なんてこったい

という事でアリエクを漁って安いアルミのハンドルを購入しました。
到着したら改めてご報告させて頂くかもしれませんが無駄な出費だな本当に。

 

一応このままでも使えるのでしばらくはキャップ無し生活だorz


 

BOAが気になります。
腰サポーターと比べて腰への負担ってどちらが軽減されるのでしょうか
その辺比較してくれてる人が見つからない

そろそろ自分のライジャケも限界に近いので新しいのが欲しいのですが・・・

近況とかモモパンチの話しとか

福岡は今日から雨ばかりになりますね。
週間天気を見ると見事に全部雨マーク
待っていた雨とはいえちょっと降り過ぎるのも勘弁して欲しい

日曜日なんて雷マーク付いちゃってますし今年のスイーツコーン祭は絶望的ですな・・・


 

ところで釣りの事
昨日は超が付くほどの厄日でした。

まず、2年愛用していたスピンブリーズをロストする
普段はあまり投げない場所まで歩いて投げていたらドスンッ・・・エイか?
そう思ったものの何をしても動かない
エイなのかゴミが沈んでいるだけなのか定かではありませんが、どうしようもないのでラインを引っ張ってラインブレイク。
貧乏人には2000円クラスのルアーロストはほんとに堪える

トボトボと帰路に付きテトラを登った時に違和感・・・手の平には鳥の糞・・・クソが!

牧のうどんで昼食を済ませ、150円になってるマックのポテトだけを購入し、持ち帰って食っていたら腐ったポテトが入っていて吐き出す。
・・・ほんとやめて。
吐き出した後も口の中は腐臭で充満しているし何度もうがいしてやっと落ち着いた。

何をしても駄目な日ってのはあるものですが、こうもついてない事ばかり起こると泣きたくなるぜ全く


今年のエギングを終了してからはいつもの様にサーフ漬けとなっておりますが・・・まぁ釣れない。
考えてみれば福岡サーフの6月7月はあまり釣れない事を思い出した
8月のお盆前後からある程度期待出来る数のマゴチが入る様になりますが、この時期はちょっとね。

 

それでもなんとか釣果を出そうとかんばった結果こうなるわけです

 

お、おう・

 

お、おう・・

 

お、おう・・・

 

今年も元気にヒラメは育ってます。
ありがとうごさいました。

ヒラメの稚魚が可愛すぎて飼いたくなるぜ。

 

ところで、ルビアスが復活してやっと投げられる様になったモモパンチですが、フックはこんな感じにしてます。

 

とりあえず手持ちの物を付けてみましたが、大体こんな感じでいけるんじゃないかなという感じがする。

これは30gの物ですが、フロントはとりあえずギャロップアシストに使ってる物と同じで行けんじゃないかなぁと。
ただしこのサイズのフックだとジグを掴んでしまう事がよくありますね。
でもこれ以上小さくすると強度に不安が出ますしこのぐらいの大きさにしてジグを掴んでもすぐに離れる様にすれば問題ないのではないかと。
掴みはするけどしゃくってる内に勝手に外れるってバランスのフックサイズがいい様に思います。

リアのフックはとりあえずショートタイプを選択。
30gだと長い物を付けるよりショートタイプの方が相性がいいのでは。

45gタイプはまだ使ってないので考え中です
今の所フロントを2本タイプにしてリアは30gと同様にショートタイプを付ける予定。
とはいえ45gタイプは秋にならないと投げないと思うんで先の話しになりそうです。


 

モモパンチの簡単な感想となりますが、中々面白いジグかな?という印象。
フォールが木の葉が落ちる様にスライドしながらゆっくり落ちていくのが良い感じ。
足元で落としてみても着底まで間があるぐらいゆっくり落ちてくれるから地元サーフでも使い易いかもしれない。
潮噛みも悪くないので早いジャークも可能ですし、飛距離も問題無く出るのでとりあえず1回は投げるジグになりそうです。

実際上2枚の魚はモモパンチで釣った物ですが、この日魚が反応したのはこのルアーだけでした。
ぶっ飛び君とかスピンビームとかもっと投げてるルアーは他にあれど反応したのはこれだけ。
まぁサイズは見ての通りですが魚の反応を得られるというのはいい傾向ですね。

 

今はまだとりあえず投げてみて使い方を探りながら使ってる段階だけど、今の所反応を得ているのはゆっくり目のワンピッチジャークです。
やはりフォールの時に食ってきてくれます。
おそらくジャークした時にもスライドで横に滑ってると思うのでアピール力は結構ありそうだよ。

少し癖のあるジグだとは思いますがこれからの釣果に期待したい所です。


JUMPRIZE(ジャンプライズ) メタルジグ モモパンチ 30g #11 赤金
JUMPRIZE(ジャンプライズ)
売り上げランキング: 23,226

 

ジャンプライズのルアーにしては入手が容易ですね。
ジグは好き嫌いがハッキリと分かれますものね。
フックが付いてない事も買い難い要因になってるのかな?

GW釣行を纏めて見る

釣りのカテゴリが500記事を越えていたので釣りカテゴリを細分化作業中です。
主に書いている4つの分類に分けているので多少は読み易くなるのではないかなと。
尚、スマホでご覧下さっている場合は一番下までスクロールしないとメニューは出ないのでご注意下さい。


 

さて
みなさんGWは如何お過ごしでしたか。
自分は相変わらず予定も何も無かったのでまったりと釣りばかりやっていました。
10日という長い休日となりましたが釣果は果たして・・・

昨年のGWはエギング漬けだったのですが、今年はサーフが好調なのでサーフメインで行って来ました。
今年のGWは地元のサーフに来られた方に一喜一憂あった模様です。
走り書きとなりますが自分の場合を少しだけご紹介。


 

地元サーフはベイトが安定して入っていました。
しかしベイトはいるものの何も付いていない、付いていても沖でボイルしているだけという展開が多かった様に思います。
そんな中自分がゲットしたのはこの時期にしては少し意外なお馴染みの

 

マゴチちゃん
62cm

この時期の福岡サーフでこのサイズのマゴチが出るのはなんか不思議な感じがします。
特に地元のサーフだとそうそう出ない。

正直狙ってませんでした。
まだ薄暗い時間だったのでミノーを巻いていたらコツンと小さなアタリ
最初はシーバスかヒラメとばかり思っていて姿を見た時は驚きました。
大好きな魚なので嬉しい釣果となりました。

 

それはそうとこの写真を撮っているまさにこの時悲劇が
この写真見ると膝が映っていると思いますが、突然マゴチが暴れだし背びれがウェーダーに突き刺さった・・・
ああああああああああああああああ
一番やっちゃいけない奴だよこれ
ほんっと馬鹿過ぎる。

 

時期的な物でしょうか
味はいいのだけどコリコリした触感が無く身が柔らかかった。
自分は基本的に魚もイカもタコも釣れたその日に食べるのが一番美味いと思っているのでこの触感は少し残念だった。

マゴチの刺身に使う薬味は紅葉おろしを使われている方が多いと思いますが、柚子胡椒もお勧めです。
カマは煮付けに、ハラスは唐揚げにしましたがやっぱりマゴチは美味い魚でした。


 

そして・・・
このブログでも何度も書いてますが、マゴチが入っていると気を付けないと駄目な例の奴
絶対あいつも入っているだろう・・・という予感はしていたもののマゴチが釣れた日には会わなかったので安心していたのに・・・

 

 

やっぱりいたよ・・・・・
やっぱりいやがったよ・・・・
もういいよ君は!

 

令和第一号のアカエイちゃんとなりました。
サイズ的には中型程度でしょうか

いくつかのルアーをローテーションして反応を得られなかったので初心に戻ってギャロップアシストを投げようと思い第一投
コツコツ・・・ドスンといきなりキターと思ったのも束の間全然動かない
もうね・・・察した瞬間にドっと疲れが押寄せますよ

 

この日は完全に厄日でした。
自分はエイを相手にする時はドラグをフルロックして寄せます。
ドラグは決して締めずに手でスプールを押さえて寄せるのですが、そうするとどうしてもラインがスプールに食い込むんですよね
こればかりは必ず起こる事なのでしょうがないのですが、その後にしっかりラインを出してやらないとキャスト時にトラぶります。
しかし久々過ぎてそれを忘れて普通にキャストしてしまい案の定ライントラブル発生
40m付近で団子になってしまい大量のラインをロストする羽目になってしまった
解っていた事だから完全に自分が悪いトラブルですわ

スーパーエックスワイヤーの凄い所はPEが団子になっても切れない事ですね
駄目なラインだとよくあるんですよ
エアノットが発生した時にラインが切れてルアーがぶっ飛んでいく事が。
ラインがトラぶるだけでなくルアーまでロストしたら本当に最悪だからね。


 

厄日は続きます
ノットを組み直す為に柵の裏に行ってノットを組んでいたのですが、その時に何かされたのかなんなのかが延々と集って来て釣り所ではなくなった
何の虫か解りませんがウェーダーやライジャケに無数のアブの様な虫が引っ付いてきて気持悪いったらありゃしない
移動しても延々と付いてくるし森の中でフェロモンでもかけられたんですかね?
結局その日は釣りなんて出来る様な状態ではなく帰宅してジャケットやライジャケを洗うハメになりました。
次の日は大丈夫だったのでやはり何かぶっ掛けられていたのかな
思い出すとゾッとする。


 

結局今年のGWのサーフ釣果はマゴチ1匹だけでした。
自分が行っていなかった日にお祭りが起こっていたそうで、美味しい思いをされた方も結構おられたのではないでしょうか。
人によって釣果は様々だと思いますがベイトも入っていましたし総合的に見てアタリの年だった様に思います。

他にも股の間をマゴチが抜けていったり、シーバスが自分の側を回遊していたりとなんだかんだで楽しいGWでした。
ゴツンと何かが足にあたったので覗いてみたらマゴチがいた時はちょっと和んでしまった。
立ち込んでる時はエイ対策で出来るだけ足は動かさないので人間とは思われて無さそうですね。


 

確かエイを釣った同じ日だったと思いますが、悶々としていたのでお昼からタコ釣りに行きました。
時期的にはまだ早いのですが、なんとか450g程度のタコちゃんをゲット。
久々のタコの刺身はやっぱり美味し。


 

これ、マゴチに空けられた穴です.
がっつりいかれとる
マゴチのヒレは鋭利で危険なのでまじで注意しないとですね
まぁこんな馬鹿な事する奴なんてそうそういないと思いますがorz

 

ウェーダー補修ボンドで穴を塞ぎます。
この時はまだ気付いていなかった・・・
マゴチに空けられたのは1箇所だけじゃなかったという事を。
翌日にまたサーフに行ったら見事に浸水。
調べてみると上の画像の近くにもう1箇所穴が開いていました。
まさか2箇所も空けられてるとは思ってなかったわこのやろう

 

ちょっとまとまりのない日記になってしまいましたが、長くなるのでこの辺で終わりにしておきます。

今年の地元サーフ。
例年とは違う種類のクラゲがいたり、この時期にサイズのいいマゴチが入ってきていたりベイトが多かったりとやっぱりなんか違和感があります。
いい方向に傾いてくれているとはいえ少し心配になってしまうのは杞憂である事を祈ります。

 

PS…
エギングは1日だけ行きましたが、自分が行った日はあまりにもゴミが多く釣りにならないので30分で帰りました!

 

 


ダイワ ウェーダー補修ボンド2 739771
ダイワ(DAIWA)
売り上げランキング: 2,806

ウェーダーの補修にはこれを使っています。
以前はセメダインXを使っていたのですが、こっちのが絶対お勧めですね。
5時間程度で硬化しますしセメダインもなんだかんだで結構高いのでせっかくなら専用品を持っておくといざという時に役立ちます。

平成が終る前の更新

平成が終る
なんとなく更新しといた方がいいかなと思い最近撮った写真を載せてみるです。


 

安定のソゲ
アオサたっぷりで上がってきた。
この季節特有でもあるアオサ地獄がたまに訪れます。

アオサに関してはほんと読めませんね。
すぐに抜ける時もあれば何日も続く事があり、こればっかりは行って見ないと解らない。
この日は手前に固まってるだけだったので釣りには支障ありませんでした。

 

別の日
やっぱりソゲ

俺はソゲしか釣れないのです
何故なら下手糞だから・・・

自分の中ではサイズは選べないと思っていますが、果たして本当にそうなのか疑問に思う所です。

先日のフィーバー日の時も途中からフラット狙いに切り替えてスピンビームを投げたのですが、食ってくるのはシーバスばかり
スピンビームでシーバス釣ったのはこの日が始めてだと思います。
それだけ活性が高かったという事でしょうか
丸呑みだったしね


 

そういえばこの日ははじめて見た光景がありまして、シーバスも釣れた魚の後ろに一杯ついてくる事を知りました。
見たことありますか?
釣れたシーバスの後ろに5,6匹のシーバスがついて来る光景を・・・
あれは結構ビビりますよw

イカやサゴシではよく見る光景ですが、60cmオーバーのシーバスが何匹もこっちに向かってくる光景というのはちょっと怖い物があります。

 

 

最近かなりダツが入ってますね。
この口だから口に綺麗にかかる事って少ないのですがルアーへの反応がかなりいいので頻繁にアタックしてきます。
ここ最近サーフで「アタリはあるのに乗らない」みたいな経験をした人がいるならそれはほぼ間違いなくダツです。

トップ投げると結構ヒットしますよ。
これはこれでちょっと楽しいのですがスレが多いので気を使ってあまり釣りたくない相手です。
イワシを追ってる時はよく水面に飛び出してますが刺さりそうで怖いです本当に。

この間アオサギがダツを咥えていてすごく飛びにくそうにしていたのを目撃しましたw
アオサギさん無理し過ぎです。


 

アリエクで注文していたのべ竿がやっと届いたと思ったらバキバキに折れていました。
はぁ・・・・・・・・・

有料オプションでePaketを選択したのにPos Malaysiaで送ってくるし到着まで1ヶ月もかかりましたよ
そして届いたらこれだもん
最悪のショップだよ

緩衝材の類も一切入っておらず、ビニール袋の中に竿袋に包まれて入っていました。
日本からの購入者も結構いる商品だったんだけど、みんな大丈夫だったのかな・・・
緩衝材すら入ってないから折れるのが当たり前だと思うんですけどね。

この辺中国人って本当に頭が悪いと思う
事故が起こる可能性を考えればたかだか数円するかしないかの緩衝材をケチる意味なんて一切無いでしょうに
理解不能です。

現在ショップとやり取り中です。
こちらとしては1ヶ月も待ってられんので返金対応を希望していますが、ショップ側は違う物を送るかクーポンで対応したい模様。
300円程度の物なので返金してもらった方が手っ取り早くていいんですよね。
返信待ち中です。

こういう時「たった数百円だから」と諦めてはいけません。
そんな事するとショップが調子に乗るだけですので徹底的に強気で行くべきです。
真面目にやらないと赤字になるんだぞと判らせてやらないといつまでたっても同じ事を繰り返すだけですしね。

 


 

以上!

平成では大変お世話になりました。
令和でも当ブログを何卒よろしくお願い致します。

それではみなさん良いGWを。

2年ぶりの光景・・・しかし

Twitterとinstagramの表示方法を変更しました。
以前はサイドバーに表示していたのですが上部に移動しています。


 

根気よく通っていればこういう日に出会う事もあります。

 

2年ぶりの光景でした。
そう・・・

鳥山です。

自分が地元サーフで最後に鳥山を見たのは約2年前、正確には28ヶ月ぶりでしょうか。

 

この日は到着してすぐにソゲとシーバスを1本上げたものの海は特に変化無くいつものサーフだったのですが、いきなり沖から黒い塊が襲来
突然の出来事だったので最初は何が起こったのか解らず呆然
良く見ると黒い塊は全てイワシ
こ・・・これは・・・

さっそく塊付近にキャストすると直ぐに何かがヒット。
ジャンプもしないし引き味がヒラメっぽかったんでヒラメかと思ったんだけどヒットしたのはシーバス。

そしてこのシーバスとのやり取り中に辺り一面がボイルボイルの雨あられとお祭り状態に突入しました。

キ・・・キターーーーーーーーーーーーー!!
2年ぶりだーーーーー

こうなったらもう止まりませんぞ

 

アベレージより少し小さいぐらいでしょうか

シーバスはこのサイズが一番エラ洗いが激しい気がします。

 

トップの反応がめちゃめちゃ良かったので最初はトップばかり投げていました。
トップにバコバコ出るので楽し過ぎるよ。
しかし何故かトップではサイズが伸びない

 

なんでメジャーが逆さまなんだと。

トップでサイズが伸びないのでヘビーショットに代えて少しレンジを下げると73cmの良型が出てくれました。
全体的には地元サーフのアベレージである60台が多かったでしょうか。

最初は鳥も来ていなかったのですが、途中からは鳥山が出来るわ波打ち際でカラスが熱狂してるわでお祭り状態に。

こんな機会は滅多に無いので色々とルアーを変えてシーバスの反応を楽しみました。

 

ウオノコバンをはじめて見たよ。
これも70オーバーのシーバスだけど尾びれにウオノコバンが付いていてヒレがボロボロだった。
イワシに付いているシーバスって回遊型とはちょっと違う個体な気がするんですよね。
多分このシーバスも普段は別の場所にいるシーバスなんじゃないだろうか?

 

最高の日でした。
冒頭で書いた様にここまでお祭り状態になったのは2年ぶりの事です。
そして最終的にはシーバスが13匹という結果に終りました。

 

持ち帰る予定は2匹だったのですがエラにフックが刺さってしまい出血が酷かった固体がいたので3匹持ち帰り。
普段釣っている完全な回遊型とは味がちょっと違う気がするんだよね
やはり回遊型の方が臭みが無く美味い気がします。
筋肉の質が微妙に違う気がする。


 

ここからちょっと愚痴言っていいですかね。

こんなに最高の日だってのに最高のままでは終らないのが世の常というのでしょうか・・・
本当の所を言うとシーバスは余裕で20は越えていたと思います。
では何故越えなかったのか・・・

 

邪魔が入ったから。

 

少し立ち込んでキャストしていた時の事
妙に目線を感じるので後ろを振り返ったら見かけた事のない知らないおっさんがずっとこっちを見てるんですよ・・・
最初は気にせず釣りを続けていたのですが、釣ったシーバスの血抜きをしてなかったので一度陸に戻ってからがもう最悪

1時間ぐらい延々と質問攻めにあいました。
目の前では依然としてボイルが激しく起きていて鳥も騒いでいる状態ですよ?
こっちは色々なルアーを投げて検証したい事もあったってのに延々とあーだこーだ聞いてきてうざいったらありゃしない
無視する訳にも行きませんし適当に質問に答えていたら延々と続く続く・・・

シーバス1匹やったら帰ってくれるかと思って1匹やっても全然離れようとせず、少し移動しても付いてくる始末
もうまじなんなの

そうこうしてる内に時間が無くなって「もう帰ります」と言うと一緒について来るし・・・・・・・・
うわあああああああああああああああああああああああああ

その時はなんだこいつ・・・ぐらいにしか思いませんでしたが思い出すと段々イライラしてきたわマジで

今、目の前で起こっている事がどれだけ珍しく貴重なのかすら解っていないのか、もしかしてただ単に嫌がらせをしたかっただけなのか
真意は闇の中。
(因みにおっさんも釣り人です)

 

こういう時って本当にどう対応したらいいのでしょうか。
シカトするのも失礼でしょうし、適当に答えた後に海に立ち込んでしまうべきだったのかな。
今思い出してもあの鳥山が目に焼き付いていて良い日だったはずなのにイライラの方が強いこの変な感情は一体どうしたらいいんだよ・・・

 


 

翌日もサーフへ行きましたが鳥山こそ出来ていたもののボイルが単発で近付いてこず不発に終りました。
やはりいくらベイトがいても近付いてきてくれないと始まらないですね。
前日は午後からまとまった雨が降っていたのでそれによって水温が低下していたのが魚の活性を落とした要因ではないかと予測しています。

 

今年は本当にベイトの入りがいい様に思います。
次のお祭りはまた数年後かもしれませんが、ベイトが安定して入ってくれさえすれば、もしかしたら近い日にまた出会えるかもしれませんね。

 


ぶっ飛び君はやっぱり抜群の安定感がありますね。
困った時はこれって感じで頼りきりですよ。

長かったこの1匹までが

土日はサーフへ4ヶ月ぶりの釣行に行きました。

ウェーダー履いたのも久々ならFGノット組んだのも久々
これだけ長くサーフに行かなかったのは釣りに復帰してから初めてかもしれない。


土曜日は暗い内から行ったのですが、まぁ・・・寒い!
あまりの寒さに体が震える程で、グローブも着用してるのに手が悴んでくるし真冬かよって感じだった。
ほんと土曜日は寒かったですね。

結果的には坊主。
でも一度だけトップにいいサイズの何かが出たんだけど見事にルアーを弾かれた
トップは楽しいけどこれがあるのが辛い

今年も厳しいのか?
トボトボと歩いていたら帰り際に手の平サイズのイワシが数匹打ち上げられているのを発見して興奮したのも束の間、4年間使い続けていたソルトペンシルをロストするという失態を犯す。
もうね・・・ほんとブルーですわ
やっぱり俺はよつあみのラインは好きじゃないですね
PEには相性があると思っているんだけど、ほんとここのラインとの相性が悪い様だ。

この日の夜にいつものラインに巻き替えたのは言うまでもありません。

 

土曜日は午前中にたけのこ掘りの予定が入っていたので早めに帰宅しました。
4ヶ月ぶりのサーフに山のぼり・・・足が死にましたw
筋肉痛半端ない


 

足の指のつけ根に強い痛みを感じながらも昨日のベイトの事が忘れられないので日曜日も同じ時間にサーフへ。

そしてやっと。
昨年がとにかくボロボロで、ずっと待ち続けていた1匹に出会えました。

 

65cmのぷっくりしたシーバス。
なんかヒラみたいな骨格してんね

 

メジャーを入れているポーチを忘れてしまい現地で図れず帰宅して図りました。
地元サーフのアベレージサイズとなりますが、昨年はこのサイズが本当に出ずセイゴしか釣れなかったんですよね。
ほんと自信を失っていた中で出会えた1匹なので今までで一番嬉しい1匹かもしれません。

思わず釣れた瞬間にありがとうって発しましたね。


 

いままでのパターンとは全く違う距離でヒットしたこの1匹
途中までは大して引かずまたセイゴか?と思った程。
しかし波打ち際に近付いた瞬間猛烈に暴れだしドラグが鳴くは鳴くわで焦ってしまいました。
サーフあるあるの展開ではあるけど、昨年はこれが味わえなかったから脳汁と冷や汗が同時に出ていたと思うw

 

この時期にしては脂が乗っていて食味は最高でした。
特にカマの塩焼きの美味さたるや・・・

 

掛かった瞬間のドスンッと来る快感。
波打ち際の駆け引き。
最高の美味しさを味あわせてくれた食味

感謝感謝の1匹となりました。
やっぱりサーフシーバスは最高だ。


 

少し話しをかえて水温の事。
定期的に図ってるんですが、日曜日の段階で17℃近くまで上がっているのを確認。
これはもう色々と始まる水温であると言ってもいいかな?
とりあえず17℃前後を目処にしてエギングを考えていたので今週からエギングに出撃予定です。

 

 

昨年のエギング時にネジ部分を落としてしまい使えなくなっていたタモジョイントのパーツを購入しました。
昨年問い合わせた時はプロックスに直接切手を送るという形で購入出来たのですが、いつのまにかプロックスの公式ショップがYahooショッピングに出来ていてそっちで買ってくれと言われてしまった。
送料が100円程値上げしていたので昨年の内に買っておけばよかったぜ。

この4つの部品だけで1500円(送料込)ですよ・・・
本体買い直すよりは安いけどちょっと高過ぎだよなぁ。
まぁパーツ単位で販売してくれるのはありがたい事ですけどね。

こんな部品を無くす人なんてほとんどいないと思いますが一応リンク貼っておきます。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/proxweb/5afab55a22e.html

 

プロックス(PROX) タモジョイント ブラック PX864K
プロックス (2011-05-30)
売り上げランキング: 704

 

網の部分を折り畳んで小さく持ち運ぶ為に必要なあのパーツです。
あると無いとでは持ち運びに大きな差が出るので必需品です。

釣り 熱砂 三型投式

ササイカ(ヤリイカ)釣りの予定を作った
しかし今年の状況がまだこっちには一切聞こえてきていないのでかなり怪しい雰囲気がある
長時間釣行で坊主だけは絶対に避けたいのでまだどうしようか悩んでいたり

自分の場合はササイカを狙おうと思ったら2日ぐらい寝れない感じの予定になってしまうから坊主はほんときついんですわ

 

ところで
先日の日記で書いた陸から使うタイラバであるショアラバの話
そこでシマノの炎月投式の事に少しだけ触れていますが、何故かblogをアップした直後に投式のリンクが切れた
まだgoogleの検索でも残ってる状況だけど、相変わらず投式のリンクは切れたままですね

なんでだろうと思っていたら、どうやら投式は炎月から熱砂にジャンル変更するっぽくて今年の4月に新たに三型投式という名称でリニューアルするとわかりました

61514_lineup1

熱砂 三型 投式
http://fishing.shimano.co.jp/product/lure/5747

この厨二臭いネーミングはなんなんだ・・・

一応リニューアルっぽいのだけど、前作となんか違うのかな
因みに前作はこれ

30947_lineup1

うーん・・・色が違うだけにしか見えない
まぁあれだ
これを言っちゃ元も子も無いが焼き増しですなw

しかしこれでまた選択枝が一つ増えましたね
新発売されるなら入手難易度的にはそこまで高くないでしょうし買い易くなるのではないでしょうか。

個人的には投式のスイミング動画を昔見た時に前回紹介したドカンみたいな衝撃は全く感じなかったので少しインパクトに欠けますね

 

 

実は前回紹介したダイワのサムライ ショアラバフリーも紅牙からのコンバージョンっぽいと知りました。
でもこっちはヘッド形状が結構違ってるから焼き増しではないっぽいですね。