JINSの偏光を買った話

釣り・・・駄目ですね。
10日ぐらい前からでしょうか?
ずっと海がこの色になってます

 

緑色とでも言うのだろうか
だだ濁りです。
一面この色が広がっております。

台風が来てる訳でも無かったのに1週間以上延々とこの状態で一体何が起こっているのか
風もずっと強風続きですしどうしようもない

しかしこの海の色でもイワシは大量に入ってきていました。
実は上の写真はイワシの群れを撮っているんですが、よく観ないと解らないかも
サゴシも少しずつ入ってきている様ですね。
まぁ・・・サゴシは狙って釣る魚ではないと思うのでもう少し水が澄んでくれないとサーフには行く気しない

迫ってきてる台風17号がいい意味で海をリフレッシュしてくれるといいのですが、濁りと共にイワシも一緒に消えそうw
自然の成り行きを見守りたいと思います。


 

ところで
以前の日記でJINSの度入り偏光を買ったと報告したのですが、ある程度使用してみたので簡単な感想を書いてみます。

https://www.jins.com/jp/st/lens/polarization/

 

 

今まで偏光グラスは2度買った事があり、一度目はクリップオンタイプの偏光グラス、2度目はオーバーグラスタイプの偏光グラス。
そして3度目となる今回初めて度の入った偏光を購入しました。

ある程度使ってみて度入りの偏光を率直に一言で言うなら

 

超快適

 

クリップ式からオーバー式と今までの偏光がどうしてもストレスのかかる物だったせいもあると思いますが、こんなに違う物なのかと。
クリップ式もオーバー式もゴミや!
そう言い切れる程の快適性でちょっと感動してしまいました。


 

JINSの偏光グラスのいい所はなんといっても安価な所です。
今回購入した物はフレームが¥8000+偏光料金¥5000円で¥13000となります。
ここからさらに20%割引を使ったので1万ちょいで購入出来ました。

偏光といえば釣り人の間ではタレックスが有名ですが、タレックスの偏光グラスは度を入れると価格が跳ね上がるんですよね。
自分の財布ではとてもじゃないが手の届く物では無いので1万前後で作れるというのは非常に助かります。

そしてJINSの偏光は何気にmade in Japanだったりするのでコスパという意味ではとても高い物と言えるのではないでしょうか。
最初の海の画像に映るイワシの群れも偏光越しに観ると丸見えでした。

尚、自分の場合はサーフでもエギングでも偏光はしないので基本的にタコ釣り用となっております。
海の中を見る目的よりも日差しを防ぐ目的に重点を置いたので色はグレーを選択。
海の中を見る事に重点を置いた場合はブラウンの方がいいと思われます。

買ったのはエアフレームのダークグリーンなんだけど、この写真で見るとすっげー安っぽく見えますねw
でも実際見ると凄くいい色です。
今回自分は店頭で色々なフレームを片っ端から試着してこれに決めたんですが、色に関しては一目惚れに近い感じでした。
普段なら迷わずブラックを選ぶのですが、釣りの時にしか使わない予定なのでいつもとは違う色にしたかった。
ほんといい色なので店頭で見てみてね。


 

JINSの偏光グラス
タレックスと比べるとそりゃ大きく見劣りする物なのだと思いますが自分には必要十分な物でした。
そもそも高額な物と比べる事自体がナンセンスですしね。

ただ一つ言い切れる事があるとすれば

今現在クリップ式やオーバー式の偏光グラスを使われている方は絶対度入りの偏光がいいという事です。
世界が変わるとまでは言いませんが、それに近い変化を味わえる事でしょう。

 

超お勧めです。

 


 

ウィングビーム買いました。
感想は後日・・・

海の状況が状況なのでまともに投げられるのは一体いつになるのやら

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中