モンスターショット

昨日の釣果。

え?
魚?
タコ?

そんな物は釣れません!

ちょっと最近ほんとろくな釣果を出せてません。
タコも2日連続坊主だしいよいよやばい

でもこのダイワのフロートシンカーをサルベージ出来たのが結構嬉しい
欲しいなと思っていたものの買うと結構高いので買ってなかった物だったりするのです
大切に使わせて貰おう


 

ところで
別件で釣具屋に行った時にルアーコーナーに寄ってみたら気になっているルアーが発売されていたので1個買ってみました。

 

DUELのモンスターショットです。

http://www.duel.co.jp/products/hc_monster_shot

 

本当は125cmタイプにしようと思ったのですが、125の方はフックが1番だったのでさすがにサーフで使うには無理あり過ぎだろって事で小さい方を買いました。
125をサーフで使おうと思ったらフックサイズを少し落とさないと厳しい気がしますね。

しかしDUELのアカキンカラーはなんで腹を塗ってくれないんだろう
ヘビーショットの時も書いた気がしますが、フラット狙いで腹に何も無いのはちょっと・・・

 

 

 

このルアー、パッケージを見ていてちょっと気になった箇所があったのだけど、どこだか解りますか?

「ファストからスローのただ巻き、ワンピッチジャーク、スキッピングなどあらゆるテクニックに対応」

所謂シンペンって基本的にこの手のアクションに対応してるのが普通だと思うのですがどうなんでしょう?
自分の場合はぶっ飛び君やサーフブレイカー等がメインで使うシンペンですが、最初から最後までただ巻きで使う事なんてほとんどありませんよ。
ジャークやトゥイッチ、大きくジャークしてリフト&フォールとかシンペンは使い方の幅が広いのが売りだと思うんだけど、あえてここをアピールしてくる意味が解らなかった。
このルアーだから出来るって所が今一見えてこず・・・


 

昨日はとりあえずメインとしてモンスターショットを投げていたのですが飛距離に関しては特別出ている印象はありませんでした。
このサイズで40gあるのですが、同じ40gクラスだとかっ飛び棒やウェッジの方が飛んでるんじゃないかなぁ
俺の腕で100m投げようと思ったら余程の追い風でもない限り多分無理ですね

40gあるわりに浮き上がりは結構早い様で、ホームのサーフでも使い易い印象を受けました。
このサイズで40gですから強風下では結構強そうな感じがしますね、

 

ただ・・・使っていてどうしても1点気になった所がありまして

 

これ
頭がカップ形状になっているのですが、どうもこれが一癖ある臭い気がするんですよ

というのも、リフト&フォールさせて使っている時にリフトさせるとやたら抵抗が強い時がある事に気付いた訳です
何故だろう?と何度もやって解ってきたのだけど、どうも着底させて浮き上がらせる際にこのカップで砂を掴んでる臭いんですわ
これは正直どうなんだ?

砂を撒き上がらせているのでそれが違和感に繋がってなければいいんですけどね
しかし逆にアピールになっている可能性もある?
如何せん初日は魚の反応を得られなかったのでもう少し使ってみないと解らないという結果に

 

初日の感想としては癖はあるけど一通りの事は出来るシンペンという印象でした。
まぁ・・・一通り出来ないシンペンがあるのかという疑問はあるが

実売も1500円を切りますし、これでしっかり魚を連れてきてくれるならかなりいい感じですね。
とはいえ元々設計的にフラットフィッシュは視野に入れていない感じはしますね
あくまでも青物用なのでしょうか


 

 

 

125mmのタイプは60gもあるのかよ!
ショアジギ用のタックルでの使用やオフショアの青物用という感じなのかな?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中