帰って来たタコスフィールド

初期不良でメーカー送りとなっていたタコスフィールドが帰ってきました。
買ったのに使えず悶々としていたのでやっと使えるよ

心配だった再生品?との交換ではなくしっかりと新品との交換になっていました。
一安心です。


 

当たり前ですがしっかり穴は塞がれています。
前回の日記の不良品との差は歴然。
とはいえスポンジが入っているだけみたいですけどね。
不良品だった物は接着剤が固まったみたいな硬く変な感じの物が詰まっていたのであのまま使っていたら折れていたかも。


 

ところで
今回の不良品をメーカーの方に説明する時に知ったのですが、てっきり逆並継ぎのロッドだと思っていたタコスフィールが実は印籠継ぎだったと知って驚いています。

一般的に安価なルアーロッド等は間違いなくほとんどが逆並継ぎが採用されています。
印籠継ぎは手間や加工の難易度が高く、高級ロッドでもないとあまり採用されない物です。

 

帰ってきたロッドをまじまじ観察してみると、確かにブランクスの中に違うカーボン芯が挿入されている事が確認出来ます。
おお、これは確かに印籠継ぎだ。

ただし最初の画像で既にお判り頂けると思いますが、挿入されているカーボン芯はソリッドではなくチューブラの物が使われています。
一般的に印籠継ぎに使われるカーボン芯はソリッドの物が多いそうですが、価格的な制限なのかこの辺に違いがある様です。

とはいえ印籠継ぎって見た目もカッコいいですし所有感を凄く満たしてくれます。

ちなみに逆並継ぎはこの様な形になっています。
これはラテオの継目部分ですが、逆並継ぎは芯が入っておらずブランクスその物を加工して継ぎの部分を作っている事がお判り頂けると思います。
此方の方が加工が用意で調整がし易く、現在のルアーロッドの大半がこの形を取っているそうです。

 

 

実売1万前後で印籠継ぎが使われているタコスフィールド
これは侮れませんぞ


 

帰還したタコスフィールド初日は3杯という結果で終了しました。
(実は前回の不良品ロッドの初日も2杯釣ってたり)

 

タコスフィールド
今の所かなり好印象です。
もう少し使ってみて感想等を書いてみようかと思っています。
とはいえ発売からもう3年以上経ってるロッドなんで今更過ぎますかね・・・

もしかして来年辺り20タコスフィールドが出るんじゃないかなぁと思っていたり


One Knock(ワンナック) ワーム デビルクロー 4インチ チャート ルアー
One Knock(ワンナック)
売り上げランキング: 10,264

 

最近アマゾンが本気出しててチャートの在庫があるのが非常にありがたいです
売り切れて入荷して売り切れて入荷してを繰り返してますねw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中