初釣果とかBB追加とか

台風過ぎたと思ったらまた糞暑くなりやがった
そういえば今年は冷夏になるなんて言っていた気象予報士がいたのを思い出したぞ・・・


 

19セルテート
最初はヌメヌメしっとりな巻き心地で家で時間があればグルグル回してニヤついていたのですが、初釣行を終えた後は結構シュルシュル言う様になってしまいました。
気にしたら負けだとは思いつつちょっとショックなおっさんです
うちの15ルビアスがアタリ個体でこの手の雑音があまりしない奴なので余計にちょっと気になるんだよね
まぁ釣行中は気にならないレベルなんでいいんですけどね


 

釣行ですが、初日は坊主でした。
サーフの洗礼といいますか、いつものサーフといいますか
そんな甘い物ではなく

そして2回目の釣行
とても好きなあいつがセルテートの始めての釣果となってくれました。

 

 

春以来のマゴチちゃん
30cmちょっとでしょうか

リリースサイズではありましたが始めての釣果がマゴチというのは個人的にとても縁起がいい。
内心フグやボラだったらどうしよう・・・なんて思っていた訳ですがこれは中々幸先のいいスタートとなったのではないでしょうか。
(事実この後フグが釣れてます)

 

19セルテートですが、15ルビアスと比べて明らかに違うなと感じるのは巻いてる時の安定感ですね
ガタ付きが少ないとでも言うのかな
抵抗の強いルアーを巻いてる時に特にそう感じますね。
まだかけたのがこのサイズのマゴチだけなのでドラグの出る相手が来てくれた時にどのぐらい違いを感じる事が出来るのかが楽しみだ。


 

ところで
どうせやるなら早い方がいいでしょうという事でBBの追加を行いました。

 

ビフォー

 

アフター

 

この部分ともう1個スプール内部にあるカラーをBBに変更するだけの簡単な作業です
10分もあれば出来ると思われる。
この部分は巻きにそこまで影響を与えない部分ですが、まぁやっといて損はないと思うので長く使おうと思うならやる事をお勧めします。

 

そして作業中に気付いた事があったのだけど

 

ワッシャーが2枚入ってる?
あれ・・・?
うちの19セルテートはデフォルトで3枚のワッシャーが入っていた事が判明しました。

てっきり2枚だと思っていたよ
それにしても昔と比べてワッシャーも随分小さく薄くなりましたね。


 

無事初釣果を迎える事が出来た19セルテート
8月といえばホームのサーフでマゴチが本格シーズンに入る時期となっています
昨年は過去最低の年となったマゴチなので今年こそは・・・と結構気合入ってるんですが果してどうなる事やら。
マゴチが多いシーズンはエイも多くなるので中々リスキーではあるんですよね
そしてエイが多くなるとそれを食べにサメも多く見かける様になるんですわ・・・
気をつけたいものです。


19セルテート LT2500S - LT4000-CXH用 MAX12BB フルベアリングチューニングキット 【SHGプレミアムベアリング】

今回のBB追加はミネベアの物を直接買わずにヘジホッグスタジオの物を使いました
割高だけど数年持ってくれると思うのでまぁいいかなと。
LTリールはメインシャフト部分のカラーを取り外すのに芋ネジ用の六角が必要になるのですがそれも同梱されているので便利でした。

初釣果とかBB追加とか」への4件のフィードバック

  1. 毎日暑いですね。
    入魂おめでとうございます!

    先日、イグジストをオーバーホールに出しました。
    SLPではなく、個人の方にお願いしたのですが、ラインローラーが塩ガミ、腐食、破損で機能していないとのこと。ボディ内は特に問題はなかったようですが・・・。
    私なりに釣行後は欠かさず水洗い、拭き上げ、乾燥は行ってきたつもりでしたが、とてもショックでした。

    メンテナンスフリーは毎年オーバーホールの条件付きということなんですかね?マグシールドを過信しすぎだと言われればそれまでですが、洗うことしか許されていないだけに、微妙な心情です。
    マグシールドベアリングは部品の出荷は対応してないらしく、メーカー対応で1万円オーバーの修理代の見込み・・・キツイですね。

    正直、メカ音痴を自負しているからこそ、身の丈に合わずともメンテナンスフリーの高級機を使っているのですが、なかなか厳しい現実です。
    釣行後のリールの洗い方やメンテナンス方法は、ネットの動画や記事を参考にやってきたつもりですが、結果が結果なだけに、私に非があったということでしょう。

    愛機の入院も長引きそうな気配ですし、このままでは釣りにも行けませんので、いろいろ悩んだあげく、私もセルテートに手を出してしまいました。
    マグシールドベアリングに不信感を抱きながら、またダイワというのも葛藤がありましたが。

    なんだか愚直っぽいコメントで申し訳ありません。

    ルビアスのメンテナンス方法も興味深く読ませていただきましたが、ぜひメンテナンスフリー機とのつきあい方についても、いろいろ語ってください。

    私もせっかく奮発して道具を新調したのだから、気分を切り替えて、新しい相棒が来たら釣ることに没頭しようと思います・・・はぁ~あ、今度サーフでお会いしたら慰めてください(哀)

    • 今年は本当に暑過ぎますね。
      サーフも7時回ると地獄の様な暑さになってくるので2時間程度しか出来ない感じです。

      ラインローラーの件ですが、ラインローラーに関してはある程度の劣化は仕方が無いと思っています。
      実際リールで一番海水の影響を受けている場所ですし、マグシールドの有無に関わらずある程度の交換は目処に入れる必要があると思います。
      メーカーの防水はダイワシマノに関わらずあくまでも本体部分に関しての物なので例えばスプール内への浸水等は別・・・みたいな所がありますね。

      ラインローラーって正直言ってベアリングは必要ないんです。
      無駄に回る必要は全く無く、あくまでもラインが通る時に負荷がかからない程度に回ればいい訳ですからベアリング外してカラーに変える方までいますね。
      ラインローラーのマグシールドも購入してすぐグリスさして殺してしまう方もいらっしゃいます。
      でも上位機種でベアリングが入っていないと文句を言ってしまうユーザーが多いのでメーカー的には入れるほか無い・・・みたいな

      一つ気になる点としてはメーカーではなく個人という所です。
      リールのメンテナンス業者はぼったくりの噂が付きまとう所があるので個人的にはメーカー択一だと思っています。
      一般的な業者だとベアリング等が問題無くても儲けを出す為に交換するのが常識になっている様ですし、メーカーに出すよりも高くなるのが普通です。
      ベアリングだけでなく周りのパーツまで腐食しているなんてのは本当かなぁと疑ってしまいます。

      セルテートの場合ですが、ラインローラーはシャワーをあてながら指で数回グルグルと回しています。
      これはルビアスの時と変わらないのですが、ルビアスよりも気持ち回す回数を減らしています。
      これでどの程度持つかは全く解りませんが、回らなくなったら普通のベアリングに交換してグリスまみれにするかもしれません。

      メーカーは大体1年に1回の頻度でメンテナンスキャンペーンを打ってくるのでその時に出すのが本当は一番いいのだと思います。

  2. 今回は新リールの購入から、OH、修理まで、想定外のお金がかかってしまいましたが、勉強代ですね。
    ライントラブルもほとんどなかったので、ラインローラーの不具合はあまり気にしてなかったのですが、自分でチェックするのを怠らないようにしないといけませんね。

    ラインローラー部はメーカー送りになったのですが、お盆休み?のようで、診断結果や修理はまだ先・・・帰ってくるのはいつになることやら。

    まぁ、この暑さですし、帰省やら、台風やらで、なかなか釣りにも行けないのですが、このままでは釣果ゼロの8月になりそうです。

    • リールは手間をかけると結構お金がかかってしまいますね。
      パーツの劣化は使っている以上必ず起こる事なのでしょうがないです。

      なんだか天気予報が雨だらけで変な感じになってきましたが、どうやら今年もマゴチは渋い様で・・・自分もまともな釣果を出せる気がしないです。
      これから・・・だと思いたいのですが果して

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中