近況とかモモパンチの話しとか

福岡は今日から雨ばかりになりますね。
週間天気を見ると見事に全部雨マーク
待っていた雨とはいえちょっと降り過ぎるのも勘弁して欲しい

日曜日なんて雷マーク付いちゃってますし今年のスイーツコーン祭は絶望的ですな・・・


 

ところで釣りの事
昨日は超が付くほどの厄日でした。

まず、2年愛用していたスピンブリーズをロストする
普段はあまり投げない場所まで歩いて投げていたらドスンッ・・・エイか?
そう思ったものの何をしても動かない
エイなのかゴミが沈んでいるだけなのか定かではありませんが、どうしようもないのでラインを引っ張ってラインブレイク。
貧乏人には2000円クラスのルアーロストはほんとに堪える

トボトボと帰路に付きテトラを登った時に違和感・・・手の平には鳥の糞・・・クソが!

牧のうどんで昼食を済ませ、150円になってるマックのポテトだけを購入し、持ち帰って食っていたら腐ったポテトが入っていて吐き出す。
・・・ほんとやめて。
吐き出した後も口の中は腐臭で充満しているし何度もうがいしてやっと落ち着いた。

何をしても駄目な日ってのはあるものですが、こうもついてない事ばかり起こると泣きたくなるぜ全く


今年のエギングを終了してからはいつもの様にサーフ漬けとなっておりますが・・・まぁ釣れない。
考えてみれば福岡サーフの6月7月はあまり釣れない事を思い出した
8月のお盆前後からある程度期待出来る数のマゴチが入る様になりますが、この時期はちょっとね。

 

それでもなんとか釣果を出そうとかんばった結果こうなるわけです

 

お、おう・

 

お、おう・・

 

お、おう・・・

 

今年も元気にヒラメは育ってます。
ありがとうごさいました。

ヒラメの稚魚が可愛すぎて飼いたくなるぜ。

 

ところで、ルビアスが復活してやっと投げられる様になったモモパンチですが、フックはこんな感じにしてます。

 

とりあえず手持ちの物を付けてみましたが、大体こんな感じでいけるんじゃないかなという感じがする。

これは30gの物ですが、フロントはとりあえずギャロップアシストに使ってる物と同じで行けんじゃないかなぁと。
ただしこのサイズのフックだとジグを掴んでしまう事がよくありますね。
でもこれ以上小さくすると強度に不安が出ますしこのぐらいの大きさにしてジグを掴んでもすぐに離れる様にすれば問題ないのではないかと。
掴みはするけどしゃくってる内に勝手に外れるってバランスのフックサイズがいい様に思います。

リアのフックはとりあえずショートタイプを選択。
30gだと長い物を付けるよりショートタイプの方が相性がいいのでは。

45gタイプはまだ使ってないので考え中です
今の所フロントを2本タイプにしてリアは30gと同様にショートタイプを付ける予定。
とはいえ45gタイプは秋にならないと投げないと思うんで先の話しになりそうです。


 

モモパンチの簡単な感想となりますが、中々面白いジグかな?という印象。
フォールが木の葉が落ちる様にスライドしながらゆっくり落ちていくのが良い感じ。
足元で落としてみても着底まで間があるぐらいゆっくり落ちてくれるから地元サーフでも使い易いかもしれない。
潮噛みも悪くないので早いジャークも可能ですし、飛距離も問題無く出るのでとりあえず1回は投げるジグになりそうです。

実際上2枚の魚はモモパンチで釣った物ですが、この日魚が反応したのはこのルアーだけでした。
ぶっ飛び君とかスピンビームとかもっと投げてるルアーは他にあれど反応したのはこれだけ。
まぁサイズは見ての通りですが魚の反応を得られるというのはいい傾向ですね。

 

今はまだとりあえず投げてみて使い方を探りながら使ってる段階だけど、今の所反応を得ているのはゆっくり目のワンピッチジャークです。
やはりフォールの時に食ってきてくれます。
おそらくジャークした時にもスライドで横に滑ってると思うのでアピール力は結構ありそうだよ。

少し癖のあるジグだとは思いますがこれからの釣果に期待したい所です。


JUMPRIZE(ジャンプライズ) メタルジグ モモパンチ 30g #11 赤金
JUMPRIZE(ジャンプライズ)
売り上げランキング: 23,226

 

ジャンプライズのルアーにしては入手が容易ですね。
ジグは好き嫌いがハッキリと分かれますものね。
フックが付いてない事も買い難い要因になってるのかな?

ラブアースクリーンアップお疲れ様でした

ラブアースクリーンアップ 2019 お疲れ様でした!

ずっと雨が心配でしたが無事晴れてくれて本当に良かった。
風が強かったので暑さもそれ程ではなかったしゴミ拾いには良い日でした。

自分の場合、普段拾えない物をメインに・・・と考えていたので重たい物を中心に運んでいました。
その結果・・・現在筋肉痛になってますw
だがそれがいい!

という事で現場の写真を少しだけ。


 

 

 

ずっと気になっていたゴミの山や冷蔵庫(怒)

綺麗になってます!
しかもこれ、ラブアースの日ではなく木金の2日間かけて古賀市の清掃職員の方々が10人ぐらいで片付けて下さったそうです。
神過ぎでしょ。
先日市役所に一度現場を見に来てくださいと言いに行ったのですが、その甲斐はあったという事でしょうか
でもまさかラブアースの日ではなくその前に片付けて下さるとか頭が下がる思いです。
本当にありがとうございました。


 

 

 

 

近くから撮ると顔の修正が面倒なので遠めからの写真ばかりで解り辛いと思いますが、今年は例年に比べて参加者が多かった様に思います。
大体毎年クジラ側に多く人が集まる傾向にあるようで、ゴルフ場側はそこまで人が集まらない事があるのですが今年は結構な数の方がお越しになってました。

会社単位で来られている方々や、ボーイスカウトの子供たちが大勢参加してくれていたりマンパワーの凄さを思い知った。

それでもさすがにドカン付近までは拾えていないので、今後この周辺のゴミもなんとかしたいのですが・・・難しいんだよね。
うちら釣り人が拾える物を拾って帰れるといいんですけどね。
しかしドカン周辺までとなると距離的に厳しいというのが実情です。


 

ラブアースクリーンアップ in 2019
参加された皆様本当にお疲れ様でした。
この勢いで毎年少しずつでも参加者が増えてくれる事を願っております。

2019年ラストエギング

18日の朝早くから行って来ましたエギングへ
今回のエギングは釣れても釣れなくても最後にしようと思っていたのでかなり早起きしたぜ

 

そして結果は・・・

 

500gぐらいかな

 

久々のキロアップ
1150g

 

最終的にこの日は3杯という結果に終りました。
なんだまだまだ行けるじゃないか
写真の無い1杯は過去最小記録を更新しそうなぐらい小さなアオリでした。

先日の大雨の影響で濁りがきつく、中々厳しい状況だった様ですが釣れるパターンさえ見つけられればこのぐらいは釣れます。


 

キロアップのアオリは全くアタリが解らなかった
何故なら一度もシャクリを入れる事なく最初のフォールで抱いて来たから
というのも、ボーっとしていていつもより5秒程カウント多く取ってしまい、おそらくアマモの上にエギが乗っかってる状態だったんじゃないかなと。

これ、狙ってやる事が出来ればかなり強烈なアピールが可能な釣り方です。
しかし余程水が綺麗で尚且つ海草が目視出来てないとまず無理な釣り方ですよね。
最初は根掛りした物と思い、スプールを押さえて引っ張ったらドラグ鳴り出したんでちょっと焦りましたw


 

まだまだ行けそうだし行けば釣る自信はありますがキリがないのでこの日をもって今年のエギングは終了です。
最終日を坊主で締めるよりある程度釣果出してやめた方が縁起いいしね。

そして先日タモの修理の為にドリルをお貸しくださった方にイカを差し上げる事が出来たので凄く気分のいい締めくくりとなりました。
実はこれを一番狙っていたので釣れて本当に良かった。

 


 

今年の福岡エギングについて。

自分は最終的に23杯という結果に終りました。
今年はあまり行けてなかったので昨年の半分ぐらいの数になってしまった。

結局今年はアタリ年なのか、ハズレ年なのか・・・
個人的にはアタリでもなくハズレでもなく例年通りという印象です。
某釣具店が必死にアタリ年だって煽ってましたが絶対アタリ年ではない

今年の福岡は風が強い日やゴミの多い日が多く、根本的にエギングが成立しない日が多かったのがアタリではない理由の一つです。
強風やゴミが多いという事は少なからずヤエンにも影響を及ぼしますし釣れない日は何やっても釣れないって日があった様に思います。

とはいえ風やゴミさえ無ければ坊主は基本的に無かったので例年通りかな・・・というが自分の総括となります。
そして今年は藻の生育が良かったので来年はかなり行ける気がしてるおっさんです。

 

次のエギングは早くても来年の4月でしょうか・・・先は長い。
誘われれば行くけどまぁ・・・誘われる事はないw


 

プロックス 交換用ラバーランディングネット19型
プロックス
売り上げランキング: 18,008

今年から導入したラバーネット
使っていて少し気になった事がありまして、ラバーネットでイカをランディングすると「墨を吐き難い」気がする。
ナイロンネットに比べてダメージが少ない為かイカが墨を全く吐かない事が何度もありました。
これって結構大きな利点になるのでは?
正確な所は定かではありませんが、少なからず影響あると思うんですよね。
重いのがネックだけどエギングにラバーネット・・・これは大いに有りですよ。

イカとちょっと心配なタコとか

23日の天気どうなんでしょうね
今の所曇りマークが付いていますがこの時期の週間天気予報はコロコロ変わるのでまだ解んないですね。
なんとか晴れてくれると信じたい


 

イカです
エギングです
もしかしたら今日で最後かも・・・って事でいつもより早い時間に出撃

 

なんとか1杯
首の皮一枚繋がった感じ。
780g

思いっきりラインを持って行ってくれた嬉しい1杯でした。
イカは日に日に渋くなってる感じみたいですね
エギングの時期的にはもう最終盤戦なのでしょうがないでしょうか
ヤエンはまだまだ続くみたいですけどね。

とりあえず1杯は釣れたのでもう一度行く予定です。
おそらくそれで今年は終了かなと考えてます。


 

で、イカはまぁいいとして少し心配なタコ
今年の福岡タコですが・・・かなり渋くないですか?

タコは梅雨入りがシーズンINの合図となっておりますが、梅雨入りが遅れている影響なのかタコの釣果が凄く悪い。

 

ここ6回ぐらいの釣行で3匹
うち新子2匹リリースという結果です。
上の画像は新子です。

 

大体この時期の福岡タコはほとんどが新子になります。
なのである程度数は釣れるはずなのですが今一反応が悪いのか、タコが単純にいないのか凄く渋い気がします。

アマモ等の海草が枯れると釣り易くなるのでそれまでは我慢かなぁと思っています。
しかし新子の数が少ないというのはやはり心配になりますね。

タコはすぐに大きくなるので新子は絶対にリリースして下さいね。

 


釣り場に着いていきなり目に飛び込んできたゴミ
蛸・・・?
こんな馬鹿は絶対に釣れてないと願いたい
こういう事する連中が新子をリリースするとは到底思えないし

 

しかし釣り場でちょいちょい見かけるルアーの空ケース
これって一体どういう流れでこうなってるんですかね?
見つける度に不思議で仕方ない

ルアーなんて前もって買っておいてルアーケースに入れて現地に持ち込む物だと思うんですがね
こういう連中って釣り場に行く直前にルアー買ってケースを外に捨てて釣りしてるって事なのか
ほんと理解不能だ。


ヨーヅリ(YO-ZURI) エギ(タコ): タコやん 3.0号 MP: マットピンク
デュエル(DUEL) (2015-05-22)
売り上げランキング: 589

 

タコやん補充しました。
この時期は3.5号より3号の方が使い易いです。
フックが弱い事だけが唯一にして最大の欠点・・・
改良された物が発売されるといいのですが、デビル渡辺氏はもうDUELを離れてるのかなぁ
ワンナックは離れたと聞いておりますが・・・

適度なメンテと過度なメンテ

エギングですが、2日連続坊主です。
自分の場合はこの時期に2回連続坊主になるとシーズン終了の合図としてます。
ただし最初の坊主は強風過ぎて釣りにならずすぐに帰宅したのでノーカンにしたい
2回目の坊主は風も無く海の状況も良さそうなのに一切反応なく完全敗北。
とりあえず後1回行ってみて釣れない様なら今年のエギングは終了予定です。


 

ドナドナ中だったルビアスが帰ってきました。

 

15ルビアスってリールの中でもトップクラスにカッコいいと思うのは自分だけだろうか?
このなんとも言えないカラーがとても好きです
日本で言うところの「くろとび色?」とでもいうのでしょうか
黒でもない紫でも無い素敵な色。


 

実は今回のオーバーホールですが、一度戻ってきて再度チェックしてもらった経緯があります。
最初に戻ってきた物を巻いていると、早巻きした時に何か微妙にカスれる様な違和感と音が鳴っていたのがどうしても気になり、メーカーに相談をした上で再度オーバーホールに出しました。

おそらく使用には全く問題無いレベルだったと思いますが、チェックして貰い再度組み直して下さった様です。
今回戻ってきた物を巻いてみると前回あった違和感が無くなっていたので再チェックして貰って正解でした。
因みに2回目のメンテナンスは無料にして頂いています。

ルビアスは決して上位機種ではありませんがこちらのワガママを聞いてくださりメーカーの方には大変お世話になりました。
でもやっぱりある程度自分の納得出来る形にしたいですものね。

このルビアスは15年の9月に購入以来ずっとサーフ漬けでしたが、電話でお話させて頂いた時に内部の状態について聞いてみた所とても綺麗な状態だったそうです。
サーフって結構ハードな場所なので何度も海水を被ってますが中までは至ってなかったみたい。
人によっては結構酷い事になってるらしいので一安心でした。


 

ところで
せっかくなので自分がやってる釣行後のメンテナンスについて少し書いてみようと思う。
今回は15ルビアスの例となります。
セルテからは注油箇所が減るのでご注意を。

 

ハンドルノブの回転部分。

ここには純正リールガードオイルを一吹き。
釣行毎にしてます。

ここはBB化してますが、何もしてなくてもやる事は変わりません。

 

ラインローラー部分。

両側に純正リールガードグリスを一吹き。
吹きかけた後にグルグル回して浸透させます。
ここも釣行毎にしてます。

尚、ラインローラーやハンドルノブの部分はシャワー時に指でグルグル回して中の潮を洗い流すイメージで洗っています。
セルテから上の機種はラインローラーにもマグシールドが入ってるので絶対に注油してはいけません

 

ベールの稼動部分。

この部分は1年に数回程度しか注油していません。
基本的にはベールの上げ下げで違和感が出た時にだけグリスを吹きかけます。
この部分は回転する訳ではないので過度のメンテナンスは必要ないと思います。

 

ハンドルを取り付ける部分。

この部分も1年に数回程度、グリスを吹きかけます。
ハンドルのつけ根から水が入るのを防ぐ目的で周りに軽く塗布する程度です。
決して中にはささないで下さい。


 

スプール軸(メインシャフト)部分。

おそらくこの部分の注油に関しては完全に二極化するでしょう。
自分の場合は「絶対に注油しません
メーカー側もこの部分の注油は推奨していません
15ルビアスは約4年前に購入して以来一度も注油していません。

この部分への注油はメリットよりもデメリットの方が遥かに大きい様に思います。
デメリットとして一番懸念されるポイントは「ゴミの付着」です。
オイルやグリスはゴミを吸着する性質があるので注油する事で汚れてくるんですよ。

メインシャフト部分に注油してる人のリールを見ると大抵の場合シャフトの色が変色している事に気付かれるでしょう。
それはつまり・・・

ダイワの場合は下位機種から上位機種まで基本的にはメーカー非推奨だったと思います。
シマノの場合でも中級機種以上は非推奨だった様な?

 

15ルビアスの場合、釣行毎の簡易メンテナンスはハンドルノブ部分とラインローラー部分だけとなります。
その他の箇所に関しては必要に応じてという事になります。
セルテートから上の機種はほとんどメンテナンスフリーになってくるのでシャワーだけで基本大丈夫だったりします。


 

いかがだったでしょうか。
昨今のリールは性能がいいので過度なメンテナンスは必要ありません。
日々の簡易メンテナンスを大切にしつつ必要の無い箇所への注油はくれぐれもご注意下さい。
過度のメンテナンスはリールの寿命を伸ばす所か縮めてしまう結果となってしまいますよ。


 

 

ダイワ(Daiwa) リールガード スプレーセット グリス オイル
ダイワ(DAIWA) (2011-05-04)
売り上げランキング: 1,206

簡易メンテナンスに使用しているダイワ純正オイルとグリス。
購入したのは5年前ですがまだ一杯残ってます。
コスパ良すぎです。

古賀市 スイーツコーン祭2019

検索して来られてる方が最近多い様なので更新しておきます。

今年の古賀市のスイーツコーン祭の日程は

06月30日(日曜日)
09時30分~13時00分
場所:古賀グリーンパーク

となっています。
例年より30分遅れてスタートする様ですのでご注意下さい。

毎年結構な数の人が並ぶので30分前ぐらいには並び始めた方がいいかもしれません。
30分前でも既に結構な方が並んでいるはずです。

 

しかしこれも毎年言っているのですが、スイートコーン自体はコスモス広場でこの時期ならほぼ毎日普通に販売されています。
何故こんなに並ぶのかな・・・と毎年不思議なんですが何故か並ぶんですよね。

昨年は5本セット1000円で何セットでも買える状態でした。
年によっては個数制限が入るらしいので行かれる方はお早目がお勧めです。


 

食べた事がない方はこの機会に是非食べてみてください。
その辺のスーパーに売ってる普通のトウモロコシなんて食べられなくなるぐらい美味いですよ。

タモの抜け落ち防止加工

先日のエギング
見事に坊主でした。
ここまで潮が動かない事があるのか?って程に全く潮が浮かず釣れる気がしなかった
そのうち動き出すだろうとがんばったけど結局何も変化無く終了。
おそらく若干当て潮気味に動いていたのかもしれないけど、ずっと同じ位置に同じ切れ藻がある様な状態でした。
駄目ですね。


 

ところで
先日抜け落ちて網が水没したタモの抜け落ち防止加工を実施しました。

水没したタモ枠が無事回収出来た事は先日の日記の通りですが、その時にいたおっちゃんが薦めてくれた加工をします。

 

シャフトと抜け落ちたパーツ部分
ゴムの部分は元々動く様に設計されていますが、中にある黒い部分が今回抜け落ちてしまった部分ですね。
安物のタモ柄はこの部分に補強が無く、基本的に接着剤で接着してあるだけだったりします。
そのままだとおそかれ早かれ抜け落ちるのは時間の問題なんだと

 

という事で抜け落ちない為にこんな加工を施します。

 

シャフトにしっかりと先の部分を取り付けて、この様に穴を空けてしまいます。

これ、電動ドリルを持っていないと言ったら現地にいたおっちゃんがわざわざ家にまで電動ドリルを取りに行って空けて下さいました。
なんていい人なんだ。

今回は2.5mmの穴を空けましたが、穴の大きさはこの部分の幅で調整した方が良さそうです。
あまり大き過ぎるとシャフトが割れる危険性があるので小さめでいいと思います。

 

そして穴の空けた部分にネジを差し込みます。
こうする事によって先の部分が動かない様にするわけですね
教えてもらって納得しました。

この時点ではまだ接着はしてません。

 

ネジはなんでもいいと思いますが、今回はホムセンでステンレスのタッピングネジを買ってきました。
2.5mmの穴に対して3mmの物ですが、サイズ的には丁度いい感じでした。
若干ぶかぶかだったけどね。

 

ネジが入る事が確認出来たら一度取り外してエポキシで先の部分をしっかりと接着して終了です。
今回付けたネジは結構余裕が出来ていたのでネジもろとも固めてやりました。
この部分は基本的に抜けない事前提なのでネジは動かなくていいんじゃないかな?
何かのきっかけでトップ部分を外さないと駄目ってなった時に苦労するかもしれませんが・・・。

 

おっちゃん曰くこれをやっておけば10キロぐらいは余裕との事です。
確かにネジによって先とシャフト部分が上下に動かない様にしているのでこれならかなりの強度が出る気がします。
穴を空けて固定しているので、これが抜けるという事はつまりシャフトの破損を意味します。


 

今回の抜け落ち防止加工。
穴を空けるので高価なシャフトをお使いの方にはお勧め出来ないかもしれませんが、自分の様に安物のシャフトを使っている方にはお勧めしたい方法ですね。
前述した様に安物のシャフトは先の部分が接着剤で止めてあるだけなのでその内絶対に抜け落ちます
エポキシでも同様です。
既に抜け落ちていようがいまいが前もってやっておく事を強くお勧めいたします。

だって落ちた網が回収出来るかなんて完全に運なのですから・・・

一つ難点を挙げるとすればドリルが必要な事です。
自分は幸いな事に空けて頂く事が出来たのですが、お持ちでない方は穴を空けるのが少し面倒かもしれません。
そんなに分厚い部分ではないのでキリか何かでゴリゴリすればその内穴は開くと思いますけどね。

 


 

ダイワ(Daiwa) 玉の柄 ランディングポール2 500
ダイワ(DAIWA) (2012-11-07)
売り上げランキング: 3,085

 

定番のダイワのランディングポール
このぐらいの物を買っておけば安心出来ますね。
何度か購入しようと思った事があるのですが、今の所現状の物で使えているので購入には至っていません。

尚、レビューを見ると折れた報告がいくつかありますが、タモは使い方を誤ると簡単に折れます。
これはどんな高級なシャフトでも同じです。
タモは絶対に曲げては行けません。
曲げる様には作られていないのですから曲げたら折れるのは極々当たり前の話です。