釣り OCTOPUS GAME-DX

IMG_20181121_154655[1]

 

以前の日記で少し書いたタコタックルの紹介があるのだけど、ロッドについて改めて書いた方がいい事があるので追記という形で書いておきます。

 

現在使用しているタカミヤのH.B concept OCTOPUS GAME-DX C762XH ベイト

http://www.takamiya.co.jp/ebase/product4996774356664.html

以前に書いた時はテクトロの釣りには使い難いと書いたのだけど誤りでした
テクトロでも普通に使い易いロッドだと思います

自分のタコ釣りは基本的にキャスティングがメインになるのだけど、最近はサビキ釣りの方が大勢いてキャストが出来ない事が多くどうしても岸際を攻める釣りがメインになる
何度かそうやって岸際を攻める釣りをメインにしている中で特に使い辛さを感じる事はありませんでした

確かに感度という面では安価なロッドなので不満が出ると思うけど釣果に直接響く様なレベルではない印象
まぁ実際釣ってる訳だしそれが証拠となるでしょう

 

OCTOPUS GAME-DX
いいロッドだと思いますよ
安いしね
今の所他のロッドが欲しいなぁという事も無いし中途半端に高いロッド買うぐらいならこっちのが絶対にいいと思う
因みに商品説明にもあるけどあくまでマダコ用であってミズダコには使えないよ

 

ところで
タコ釣りにおいて1点必ず気を付けておきたい事があるのでこっちも書いておきます

タコ釣りは根掛かりとの勝負になる
自分が行くポイントは10投したら7回は根掛かりします
そしてタコはそういう場所に潜んでいる
ここで大事になってくるのが根掛かりを外す方法

よくやるのがロッドをあおって外そうとする行為
タコ釣りでこれは絶対にやってはいけない
タコ釣りに限らずどの釣りでも基本やってはいけない動作ではあるのだけどタコ釣りは特に駄目
なまじPEが太いだけにこれをやると間違いなくロッドが折れます

そしてもう一つよくやるのがロッドとラインを直線にして引っ張る行為
これも絶対にやってはいけない
これをやると今度は確実にリールがぶっ壊れます
例えパワーのあるベイトリールであったとしてもシャフトが曲がって死ぬ

 

これは何度か書いているけど、タコ釣りで根掛かりした時は必ずラインブレーカーを使用しましょう
ラインが強ければルアーは回収出来ます
たまに「ラインが太いから根掛かりしたらラインを切る」なんてありえない事をやってる人がいますが論外ですよ
出来る限り回収する為にラインを太くしているのに切ったりなんかしたら元も子もない

ラインブレーカーは安価に自作出来るので絶対に用意して下さい
タコ釣りにおいてタックルやルアーの次に大事なのはラインブレーカーです

 

それではみなさんも良いタコライフを´-`)

 

 

 

意味の無い不良品レビューに惑わされないでね
不良品なんてどんなメーカーだって必ず出るものなのだから

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中