その他 アオリイカの刺身

昨日も少し行ってきたのだけど・・・

 

IMG_20180501_070432[1]

こんなの絶対釣れない海でしょう
到着して海を見た瞬間から凄く嫌な予感がして日が昇って改めてこりゃ駄目だなと
写真だと解りませんが水の色も凄く悪くて明らかに海の状況が変わってしまった

福岡の大潮はこういう事になる事があるから嫌いだ
潮が延々だらだらと流れ続ける
おそらく潮が変わるタイミングがあると思うのでその時しかチャンスはないのではないかな

釣れる気がしない海でしゃくり続けるのは苦行なので1時間程度で撤収しました
まぁ本当に釣れないのかは正直解らないけれど、待ってたら日が暮れそうだ

 

話は変わって

アオリイカを刺身で食べる時は基本的にその日釣れたイカをその日に食べます。
たまに「新鮮なアオリイカの刺身はゴリゴリして不味い」なんておっしゃる方がおられますがそれは大間違い

アオリイカは寝かせなくてもねっとりと甘いイカです。
では何故そう言われる事があるのか、おそらく犯人はこれでしょう

IMG_20180430_174102[1]

厚皮です。

アオリイカは体の外側に味の全くしない厚い皮で覆われています。
刺身にする場合はこの部分をしっかりと取らないと味のしないゴリゴリとした食感になってしまう

この部分を知らない、もしくは取り方を知らない方が決まって前述した様な事を言われるのではないかと予想します
日が経つと当然ここも少し柔らかくなりますから
まぁ味はしないわけだけど

 

因みにこの皮は布巾やキッチンペーパーでいくら擦っても取れませんので、途中まで包丁を入れて指を入れながら剥がしていく必要があります。
ここを綺麗に取るのはかなりの熟練がいるのではないかと・・・
自分は指だけじゃ到底無理なので最後は包丁で引いてしまいます
右側に少し身が残ってるのはそのせい

 

IMG_20180430_174629[1]

アオリイカは1キロ前後の場合で大体8人分ぐらいの刺身が取れるんですかね?
これは2人前のつもり

自分はアオリイカの刺身は甘過ぎてくどく感じてしまうのでこの皿だと半分でも多いかも
ヤリイカならいくらでも食べられるけどね

身内がイカ好き多いのでアオリイカの刺身は大変喜ばれますね。

 

GW後半戦
雨の後が心配ですが、今年はもうちょっとがんばれそうな気もするので冷凍庫に一杯ストック作りたい今日この頃です。
イカは家庭の冷凍庫でも長期保存が可能なのでいいですね

 

 

ギャフが欲しい
基本的にはタモ網派だけど、ある程度数が釣れると洗うのが面倒な一面が
先端だけなら・・・と思ったんですがこれでも3千円以上するんだなぁ
いくつかの釣具屋を見て回りましたが結局アマゾンが一番安いという結果に
さてどうするか