釣り 初心者向けウキ釣り講座2

IMG_2950

今日は以前書いた初心者向けウキ釣り講座道具編の続きとなる仕掛け作成編です
紹介した道具を使った仕掛け作りでポイントとなる所等を書いてみようかと思いますよ

あくまで初心者向けの物となります。
また、主に餌巻きテーラーを使ったイカ釣りで使う仕掛けとなります。

 

IMG_2947

まずはウキ止めですね
誘導式のウキ釣り仕掛けの要となる物です
このウキ止めの位置を調整する事でタナを調整する事が出来ます。

個人的には2個付けを推奨
2個付ける理由としては「ズレ防止」「タナの記憶」等が上げられます。

釣れるタナが決まればお互いの距離を縮める事でズレを防止出来ますし、タナが決まりきっていない時は以前のタナが解る様にそれぞれを離して使用したりします。

IMG_2948

画像の様に自分で絞め込むタイプのウキ止め糸の場合は必ず「増し締め」出来るだけの端糸を残しておく必要があります。
画像の物は1年間放置してたんでかなりヘタってますが本来はもう少し短くしますw

あまり強く締め込むとラインに傷が付いてそこで切れてしまいますし、締め込みが甘いと今度はすぐにズレてしまいます。
これはもう感覚的な物なので少しずつ絞めこんで力の加減を覚えるしかありません。
くれぐれも締め過ぎない様に

 

IMG_2954

ウキを付ける箇所をインタースナップタイプにする場合はウキ止めとの間にシモリ玉を挟む必要があります。
これが無いとウキ止めでサルカンが止まりません。

シモリ玉は上下で穴の違うテーパー状になっている物が多いので、上に付けるシモリ玉は穴の小さな方を上(ウキ止め側)にし、下に付けるシモリ玉は穴の小さな方を下にします。
しかし下のシモリ玉は必需ではありませんので付ける必要はありません(個人的にはなんとなく付けます)

 

IMG_2952

こちらはインタースナップではなくシモリペットタイプの場合の仕掛けです。
シモリペットだとシモリ玉は必要ありませんので仕掛けが簡素になります。
シモリ玉はどうしても負荷になるのでこちらの方を好む方が多いかも?
シモリペットタイプでもシモリ玉を通す方もおられます。

 

IMG_2949

次にからまん棒です
このタイプのからまん棒だと前もってウキ止めゴムを道糸に通しておく必要があります。
円錐形になっているゴムの場合は向きに注意

 

IMG_2950

仕掛けの全体図は最初に貼った画像の様になります。

ウキ止め→シモリ玉→スナップ→からまん棒

後はスナップに棒ウキを取り付けてラインの端にスイベルを結ぶだけです。
とても簡単です。
改めて見るとからまん棒に付けてるゴムが上下で違うなw

 

からまん棒の下にスイベルを付けて仕掛けの完成となりますが1点大事なポイントが有ります。

 

IMG_2951

棒ウキを使う場合はからまん棒とスイベルまでの距離は棒ウキの長さ分取る事を覚えておいて下さい。
これを守らないと道糸が絡み易くなるので注意が必要です。
棒ウキの長さによって距離が変りますので一定では無いという事です。

 

如何だったでしょうか
「仕掛け」というと初心者の方にはとても難しく聞こえる様ですが実はとても簡単です。
特に餌巻きテーラーを使った棒ウキ仕掛けは難しい事を考える必要もないので初心者向きと言えるでしょう。

次回は現地について仕掛けを作り実際に釣りをする時の簡単なポイント等を紹介出来れば書きたいなと思っています。
お時間があればまたお付き合い下さい。

 

PS.
現在スパム対策で一部の記事へのコメント受付を中止しています。

 

 

スルルセラミックはSかMが適合します
ラインの太さで使い分けて下さい
餌巻きテーラーだと3号~5号のナイロンラインを使いますのでMサイズが汎用性が最も高いと思います。
この手の商品にしては高額ですが耐久性が高いのでかえって安くなるかも?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中