釣り ベルモント フィッシング出刃

桜がかなり咲いてきました
今週末には最高にと言いたい所なのに週末は雨の予報ががが・・・
雨が振る前に昨年綺麗だった場所に見に行かねばなるまい

それはそうと釣り用のナイフを新調しました

IMG_2328

ベルモント(Belmont) フィッシング出刃90mm

ナイフというより出刃包丁ですね

IMG_2326

こっちが今まで使っていたナイフ
家にあった使ってなかった普通の果物ナイフを釣り用にしていました。
これ地味にいい物っぽくてほとんど手入れもしてないのに錆がほとんど出ていない
実際特に不便には感じて無かったのだけど、1点大きな欠点がありまして・・・

よく見て頂くと切っ先が折れているのがお分かりになるだろうか
何故切っ先が折れているのかと言うと

マゴチを絞める時に折れたから

シーバスなんかだとエラ切りと尻尾の付け根を切る事で簡単に締める事が出来るので果物ナイフでも問題はないのだが、マゴチの場合は背骨を切り離す絞め方をするので果物ナイフだと非常に厳しい
綺麗に急所を1撃で貫ければ果物ナイフでも刃が入っていくのだけど職人じゃないんで毎回綺麗に切れないんですよね
マゴチを持ち帰る場合は毎回絞めるのに苦労していて、遂に切っ先が折れるという自体にまでなってしまったのでシーズンに向けて新調した流れです

IMG_2330

思ったよりしっかりした作りです。
ただし付属のカバーがかなり不安を煽るw
100円アップしていいからもう少ししっかりしたカバーが欲しい所

アマゾン等のレビューで錆び易いとありましたので使用前には必ずサラダ油を全体に塗った方がいいです。
通常、ステンレス包丁は油刺しのメンテナンスは必要ないのだけど海で使う事前程ならステンレス包丁でも油を刺した方が絶対にいいと思われます。
一度錆が出ると癖になってすぐに出てきてしまうので最初が肝心ですね

今までの物が仕舞寸法19cmで今回の90mmタイプは仕舞寸法が21cmと若干大型化してしまいましたがライジャケのポケットにもなんとか入る大きさなので問題ないでしょう。
公式には20cmとあるんだけどカバー付けて測ると21cmあります。
これならおそらくマゴチを絞める時にも無理なく背骨の切断が出来るのではと期待

 

シマノ スライドナイフ ブラック CT-031I
SHIMANO(シマノ) (2011-05-04)

購入する際に候補にあがったシマノのナイフ
ダイワの物も同様なのですが、この手のスライド式のナイフは横に引くのは問題なくても突き刺す使い方をするとどうしても力が入らないという欠点があります。
シーバスを絞めるならこっちの方が使い易いと思われます。

ダイワ ナイフ  フイ-ルドポケツト
ダイワ(Daiwa)
売り上げランキング: 4,322

こっちも候補に入れたダイワのナイフ
シマノの物より安価なのでそおらくこれが一番コスパ的にはいいのではないかと
前述した理由によりスライド式は避けたかったので購入には至らず。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中