釣り マルトフック サイズ比較

今後マルトフックを買うかもしれない方の為に自分が購入したトレブルフックのサイズとST46のサイズとの違いを写真に撮っておこうと思います。
参考になれば幸いです
画像クリックで少し大きくなります。

マルトフック通販公式
http://www.fishhook.co.jp/

NoR1092NS-5_No1092-5

No.R-1092(NS) 丸型 5号 (左)、No.1094 袖型 5号 (右)

共にマルトフックの5号になります。
袖型の方がシャンクが少し長い設計になっている模様
左のR-1092は黒メッキタイプ

ST46-5_No1094-5

ST-46 #5 (左)、No.1094 袖型 5号 (右)

ST46-5_NoR1092NS-5

ST-46 #5 (左)、No.R-1092(NS) 丸型 5号 (右)

丸型の5号に関してはST46とサイズ感が似ている印象です。

ST46-6_NoR1094-6

ST-46 #6 (左)、No.R-1094 丸型 6号 (右)

6号は線径や全体的な大きさに若干の違いがあります。

ST46-8_NoR1094-8

ST-46 #8 (左)、No.R-1094 丸型 8号 (右)

前回の日記でネタにした問題の8号
やはりこのサイズ感の違いはかなり大きい
もしかして間違えて10号が入ってるんじゃ?と思ったんですが公式を見る限りこれが正常っぽいんですよね

ST46-4_no7771cp-trinity-4

ST-46 #4 (左)、No.7771 CP トリニティ丸型 4号 (右)

針先がヤリの様な形をしている特殊加工が施されたトリニティになります
通常のマルトトレブルフックの倍の価格(1本約¥50)
見た感じST-46よりシャンクが短いのが解ります
線径に関してはST-46と大差無いように見えますね

IMG_2286

番外
No.7773 トリニティ丸型 SSC 4号 バーブレス

対サゴシ用に今回お試しで購入したバーブレスのフック
こちらも1本約¥50
返しの無いバーブレスフックになりますが特殊な加工が施されていて面白そうだったので購入してみました。
なんかイカの食腕みたいだねw

昨年からサゴシ相手の時はバーブレスを使用する様にしたのは過去の日記をご参照下さい
ST-46の#8の返しを潰して使用していましたが突発的に来る大型青物に備えて今年は#8ではなく4号で勝負する予定

 

今回購入したマルトフックは4号、5号、6号、8号の4サイズ
ここから個人的な感想をば

一番使用頻度が高い5号に関してはマルトフックで充分行けそうな気がする
特に今回購入した黒メッキタイプは全てセンターバランス設計になっていたのでアタリでした
ST-46だといくら激安セールをしても1本70円前後しますから1本27円のマルトフックのコスパの高さは半端じゃない
使ってみてすぐに伸びるとかバラしが多発するとかでも無い限りはこれでいいんじゃないかなという印象
その辺は今後の課題となりますので何かあったら適当にネタにしていくかも

線径なんかに心配があるならトリニティを買っておけばかなり安定するんじゃね?とも
いくら倍の価格といっても1本50円とST-46に比べれば全然安いですから
ただし今回購入した4号はシャンクが短いので他のサイズもそうかもしれない点は注意が必要そうです

6号と8号に関しては微妙な所ですね
6号はまだいけそうな印象だけど8号は駄目だ
今回は特にスピンビームのフロントフック用にしようと考えていたのでこのサイズ感の違いはハズレと言わざるを得ない
まぁ小さめのバイブレーションにつけたりと用途自体はありそう

国産という安心感と化学研磨による鋭利な針先を誇るマルトフック
変な中国産を買うぐらいなら絶対に国産のマルトフックをお奨めしたい今日この頃です。
因みにカートが設置されてなくてもこちらの総合カタログに掲載されているフックなら購入可能な物もある様です。

 

心配な方はやっぱりこっちでしょうかね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中