釣り マルトフック購入

マルトのフックを購入してみました
マルトって何?って方はこちら
http://www.fishhook.co.jp/

IMG_0854

今回購入したのはトレブルフックを108本
締めて3500円也
所謂パッケージ化されたリテール品ではなくバルク品となっておりまする

今ちょっとデジカメが手元にないもんで詳しい写真は後日また書きます

108本全部を調べた訳ではないけど基本全部針先は研ぎすまされていると思う
親指の爪が傷だらけになってきたので途中で止めましたw
この辺は日本製故の信頼という事で

ぱっと見気になったのはいくつかフックに癖がある事
基本的にバルクとして販売する利便上、最近主流のセンターバランスのフックではないという事なのですが
今回購入したR-1092の黒メッキ仕様のフックは全てセンターが取れていました
逆に1092とR-1092の白メッキはほとんどセンター取れておらず
これはしくったか?
黒メッキの方が少し高いのでけちって白にしたんだけど全部黒にすればよかったかw

他には7771-CPのトリニティ白メッキ10本、7773トリニティ(バーブレス)の白メッキ10本も共にすべてセンターバランスでした。
トリニティシリーズは入り数10本と他のフックより高級品なのでセンターバランスだったのは嬉しい誤算です
高級品といっても1本50円程度なんだけどね

IMG_0856

R-1092の黒メッキ仕様
20本で540円1本辺り27円
綺麗にセンターバランスになっています。

IMG_0857

こちらは1092の白メッキ仕様
これも20本で540円
解り難い写真になってしまったけどセンターが取れていません。

どうも黒メッキになると高くなるタイプと同じ価格の物がある様ですね
今回こちらの黒メッキ仕様の5号は売り切れで購入出来ず
売り切れになると再生産まで結構時間かかるっぽい?

フックは人によってかなりの拘りのある所だと思います。
中には標準搭載のST-46ですら駄目という事で全部がまかつのRB-MHに替えるなんて人もおられる様で
しかし思うのはトレブルフック高過ぎるよ!って所
がまかつなんて物によっては1本100円越えだしカルティバも大体90円前後
アマゾンの4番も遂に値上げされてしまった
最近出たfimoフックも錆やコスパが高いという触れ込みだけど結局他と大差無い様ですし

特にサーフをメインにする人にとってフックの価格は死活問題になり得ると思うわけです
いくら底を擦らない様に気をつけていても底を擦ってしまう事はあるわけで、底をすると当然針先がすぐに駄目になります
いくら強いと言われるRB-MHでもさすがに底をすり過ぎると厳しいだろうし、そうなってくると高いフックなんて購入するのは自分の生活では非常に厳しくなる
かといって針先の甘くなった古いフックを使い続けるのも・・・
ヤフオクやアマゾンのマケプレで売ってるわけの解らない中華品に手を出すのも嫌

そういう流れで今回国産であるマルトフックの購入に至ったという訳です。
色々と心配な点も多くありますが、今年はとりあえずマルトフックをがっつり使ってみて何度かblogのネタにしてみようかな
トラウトではかなりの信頼を得ているフックメーカーなのに何故シーバス等のソルトアングラーからの指示を得きれていないのかとか結局の所自分で使って見ないと解らんもんね

線径がST-46よりも細いので当面の心配はそこかな?
他はどうか知らないけど地元のシーバスは春が1年で最も大型が狙えるシーズンになります。
果してマルトフックは耐えてくれますかどうか
場合によっては全く使えずすぐに使わなくなるなんて展開も充分にありえる
センターバランスではない故のルアーの動き等も気になる所ですが自分の釣りはそんな繊細な釣りではないのでそこん所は多分大丈夫でしょうw

OWNER(オーナー) ST-46 スティンガートリプルフック
OWNER(オーナー)
売り上げランキング: 1,788

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中