釣り 砂に沈没

先日、自家製のゆず胡椒を作っていた時の事
大量の青とうがらしの下処理が必要な為、本来なら必ず手袋をしなければならないのですが手袋が無い
しょうがないので素手でやったんですがもうね・・・

がいてぇ!

作っている最中は痛みは感じ無いのだけど終わった後が本当に大変
重い日焼けをした後みたいにヒリヒリヒリヒリと泣きそうだった
検索してサラダ油でゴシゴシ擦るとほんの少しだけマシになりましたが1日泣いてた
青とうがらし恐るべし

例年なら田舎で作ってくれるのだけど今年は作って貰えなかったので自分で作りました
もう時期的にゆずが黄色くなってしまっているので黄柚子胡椒となりもうした
美味しいといいのだが

昨日は久々にベイトが入っていたみたい
天気もいいし波も高くないし最高の釣り日和
でもベイトはシラス並の小さなイワシに見えたのでミノーじゃ厳しいと判断してシンペンメインで

CIMG1345
76cm

シンペンに反応したのはヒラメ狙いの常連ゲストシーバスでした
マゴチを狙ってエイ、ヒラメを狙ってシーバス

フラットはどこにいるんですか?

11月中旬だというのにサゴシは相変わらずよく回っています
水温的にはもう抜けてもいい頃のはずですが一体どうなっているのか
ジグを投げると反応良し
ジグのスキッピングで水面を跳ねさせると何匹も追いかけてきて中々スリリングな釣りが楽しめます(ラインブレイクという意味でw)
サゴシは3匹釣った所で飽き、このままだといつもと変わらない釣りになるのでサゴシは無視!
ずっとフラット狙いしておりましたがソゲすら釣れない

フラットはどこにいるんですか?

それはそうとシーバス釣った後の事
波で出来た段差の上に登ろうとして盛大にコケました
ロッドは咄嗟に上に上げたつもりなんだけどリールが完全に砂に埋もれるという大失態
もうね・・・頭真っ白ですわ

その場で必死に息を吹きかけてリールについた砂を落としてみるととりあえずゴリ感は感じ無かったので釣行続行
昨夜のメンテナンスでエアダスターを使い細部についた砂を吹飛ばしたけどメインシャフト付近にも砂が付いていて冷汗かきましたわ
しかしリールの半分ぐらいが完全に砂に埋もれたのに砂噛み起こさないってルビアス凄くない?
運が良かったといえばそれまでだけど昔のリールなら間違いなくメーカー送りだったと思う

IMG_0805

凝った料理作る元気が無かったのでスズキは塩焼きにしました
11月なんで味はかなり落ちている時期だと思うのだけど普通にまだ油が乗っていて塩焼きでも充分おいしく食べる事が出来ました
新鮮だから切り込みいれても反っちゃうんだよね
こちそうさまでした

しかしこの時期でも油が残ってるってやっぱりちょっと海がおかしい

 

広告

釣り 砂に沈没」への7件のフィードバック

  1. こんにちは。

    立派なシーバスうらやましい限りです。

    久しぶりの休みで、私も古賀サーフに出撃していたのですが、昨日はサゴシ3、今日はサゴシ5でした。
    釣り場ですれ違ったかもしれませんね。

    帰りに、砂がザザザァ~っと崩れている場所がありましたが、もしかしたら、あそこが事故現場?気をつけてください(笑)

    前にもコメントしましたが、私の本命はシーバスなんです。

    まだ初心者の域なので、何でも釣れると嬉しいのですが、あえてサゴシを避けるためにメタル系は封印していたのに、本命は来てくれませんでした(+_+)

    今年も2ヶ月を切ったというのに、シーバスはゼロ。う~ん、道は険しい。

    ルアー選択?アクション?巻きスピード?

    成功体験が無いと、さっぱりわからん。セイゴでもいいので釣れないかしら。

    オマケに昨日は帰宅後に竿を水洗いしてると指先に違和感が。
    ・・・ん? ガイドリングが割れてる!

    意味不明のキャスト切れはコイツの仕業か。

    心が折れそうです(苦笑)

  2. 昼頃来ていたのですが誰かコケた現場を見つけました。もしやw

    気温が下がってきたせいか本命のキスは煮干みたいなサイズに…。
    エサも無くなってきたためヤケクソでダイソージグに付け替え投げていたらシーバスがかかりました。
    投げ竿なのでタダ巻きしか出来ませんが時々かかってきます。

    しかし我が家ではシーバスは美味しくないと不人気なのです。
    何故か釣り人の間では嫌われるサゴシの方が断然美味しく喜ばれるのですが…個体差なのか、締め方の違いなのか何かあるのでしょうか?
    むしろ古賀サーフで簡単に釣れると聞くサゴシの方がさっぱり釣れない謎です。

    魚交換所みたいなシステムがあれば良いのにと思いますw

  3. ねこのさん、はじめまして。

    ねこのさんも本命ではないシーバスですか。
    しかも、ダイソージグ。

    あのジグは馬鹿にはできませんが、なんとも皮肉なものです(笑)

    キス釣りのロングロッドで大遠投とか?
    私はシーバスが回遊しているところまで届いてないのかなぁ。

    今シーズン中に、なんとか一匹。それが当面の目標です。

  4. はじめましてがみすけさん。

    ダイソーのジグは40gまでしか売っていないようで、投げ竿に重さが合わずせいぜい70mという距離です。
    ナブラを見つけた時に投げ竿でも大物が狙えたら嬉しいなと、試しに1つ買った物なのですが、ジグを動かすには竿が重すぎ、竿に合った重量のジグはとんでもなくデカイ…と難問にぶち当たっていますw

    シーバスはキスを食べに来ているのか、キスが突然釣れなくなると近くに居るイメージです。
    小さいサイズであればキスの仕掛けに掛かる事もしばしば。
    しかしキスも群れが移動しますので、どこに居るというのも難しいですね。
    まるでマインスイーパでもやってるような感じですw
    ルアーマンの方にはきっとノウハウがあると思います。

  5. >がみすけさん
    段差になってる所で崩れていたらコケた痕跡かもですw
    豪快に前のめりになってズボっと埋まりました・・・
    シーバスは1月中旬までは古賀サーフでも出るはずなのでまだまだこれからだと思います
    現地でお会いしたら遠慮なく声かけて下さい
    変なおっさんいたら自分だと思います

    ガイドリング割れはきついですね
    トップガイドに傷が入ってラインが切れるという事は稀にある様ですが完全に割れちゃった感じでしょうか
    でもガイド自体に問題がなければガイドリングだけの交換で済みそうですね

    >ねこのさん
    キスのサイズよくないみたいですね・・・
    11月なのでそろそろサイズ的には厳しい時期だと思うのですが味は夏場よりも良かったりするみたいですね。
    夏場のキスは昔と違って変な臭みがありますよね
    昔のキスはあんな味しなかったのに
    スズキは案外苦手な方が多いと聞きます。
    元々スズキ自体が少し癖のある魚なので駄目な人は駄目かも?
    うちは基本的に生では食べずもっぱらホイル焼きやムニエル等、香草を用いた料理に使いますが評判はいいですね。
    古賀サーフのスズキは完全回遊型で臭みもほとんど無い(稀に少し匂いのある奴がいます)ので個体差や締め方というより単純に好みの違いなのではないでしょうか。
    身質も筋肉質でちょっと特徴ありますもんね

    しかしジグでシーバスとはさすがですね
    自分も過去に2回だけジグで食わせた事がありますがジグでシーバスってめちゃめちゃ難しいですよ!
    その2回もナブラに放り込んで釣れただけですw

  6. なるほど。
    皮が剥がしやすかったので、直感で刺身だ!とやってしまいました。
    冷凍庫のセイゴさんで香草、ムニエル試してみます。

    カモノハシみたいなルアーが釣りやすいと聞きます。
    ルアー竿を買ったら本命として狙ってみようと思うのですが、狙うと物欲センサーが働いてまた難しいんでしょうねw

  7. >ねこのさん
    刺身にする場合も氷水に浸す「洗い」が適しているみたいですね
    やはり少し癖があるのでしゃきっと引き締めた方が美味しくなる様です。
    ただ、洗いにするにはよく切れる包丁でしっかりと裁いてあげる必要が有り自分には難しいので出来ないです・・・
    水っぽくなっちゃうんですよね

    ルアーを始めるとキス釣りしている時でももしかしたら何かいるかも・・・と気になってしょうがなくなるかもしれませんw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中