釣り ベルモント ライトロッドスタンドサーフ

欲しかったサーフ用のロッドスタンドが到着したので開封レビューしたいと思います

購入したのはベルモントのライトロッドスタンドサーフ
サーフ用でルアーとなるとDUOの物が有名ですがネットだと在庫が無く値段も高いので今回はベルモントの物にしました
全体画は公式サイトを見てもらうとしてそれ以外の所を少しだけ

CIMG1282
裏面

仕舞寸法は53cmとDUOの物に比べて20cm以上長いです
右に回すと締まって左に回すと緩む設計
開封後に少し動かしてみましたが動きがかなりぎこちなく、全体にシリコンスプレーをかけてやったら少しマシになりました
画像には映ってないけど何気にこれMade in Japanです。

CIMG1283
ロッドを乗せる部分

特にバリも見当たらず綺麗な仕上がりです
全体はアルミ製なんですがこの部分だけステンレス製になってますね
なんとなく収縮チューブを被せようとも思いましたがとりあえずはこのままで使ってみようかな

CIMG1280

ちょっっと洒落たカラビナが付いてます。
ただ・・・これ使い難いよw
おしゃれなんだけど凄い開閉し難いから普段使っているカラビナに変えちゃった
因みに普段使ってるカラビナはこれです

100000001002039157_10204
画像クリックでヨドバシに飛びます。

これアルミ製で海で使っても全然錆びないし1年程使ってますが塩が一杯付いても全然壊れない
100均のカラビナを使っている方も多いと思いますが100均のはすぐ錆びちゃうし絶対こっちがお勧め
色も豊富だしね

ところで閑話休題
今回買ったサーフロッドスタンドですがおそらく多くの方が悩まれると思う携帯について
ベルモントの物はDUOのロッドスタンドに比べてかなり長いので携帯に苦労します
一応今回購入したタイプとは別にベルモントではショートバージョンも販売されていますがちょっと伸ばした際の長さが短過ぎる

色々考えました
普通にライジャケの横にあるD環にカラビナでぶら下げる
背中にあるタモ用のD環にカラビナでぶら下げる
なんかどっちもブラブラしてしまいどうも落ち付かない気がする

ここで思い出すシマノのサーフトリッパーベスト
このライジャケはほってぃの要望で標準でロッドスタンドを収納するホルダーが背中下部に付いています。
これの構造はとても単純でメッシュ状の布がただ輪になってるだけなんですよね

・・・ん?
まてよ・・・これってライジャケにベルトループを縫い付ければ似た様な感じになるんじゃね?と気付いたおっさん一人
そして出来たのがこれ

IMG_0791

破れて使えないズボンのベルトループを解体してライジャケに2箇所縫い付けてやったw
長いので横にかなり飛び出す形になってしまいますが多分これが一番邪魔にならない携帯方法なんじゃないかと
場所的に見ながら収納が出来ないので慣れるまでは穴の位置を探すのに苦労しそうだけどとりあえずこれで行ってみるぞい

追記

surf
少し横に飛び出すので狭い場所を移動する時は注意が必要ですね。
出し入れに関しては思ったより簡単に出来たのでいい感じだと思います。

 

ベルモント(Belmont) ライトロッドスタンド(サーフ) MS-219
ベルモント(Belmont)
売り上げランキング: 14,070
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中