釣り eBayから届いた例のブツ

eBayで買った例のブツが到着したらしいですぜ兄貴

IMG_0623a

China postのエアメールで届いたそれはペラペラの袋に包まれていた
明らかにケース等には入っておらず直に入っているのが解るぜ

因みに注文したのが7月13日の午後、到着予定日がその時点で「7月25日~8月10日」だった訳ですが最短である25日に無事到着となりました
China postやるじゃん!
エアメールなのでポスト投函なんですが、さすがに入らないだろうから家まで届けてくれると予想していたんだけどおもっくそ綺麗にポストの中に入っていたw
で、何を買ったのかというと

IMG_0624a

袋をあけてビックリ、ビニールに入っているだけだった
これはあれですね
あれですよ兄貴

IMG_0625a
自主規制`-´)

今年になってから急激に増え始めたとの噂の某メーカー製そっくりのフィッシュグリップ
その名もエクスバンド改め中華グリップと総称しましょう
まるで一時期大流行した中華パッドの様
とりあえず各パーツ等をじっくり観察してみましたが目だった傷もなく綺麗な状態で届きました

この中華グリップ
実際に本物と並べて比べてみた人曰く「一緒」らしい
本物はなんと2万超え
これはなんと送料込みで2300円
その価格差約10倍
10倍・・・ありえない

このグリップは現在ヤフオクでも頻繁に取引が行われている所謂偽者の商品
ヤフオクだと相場が大体4000円近くになっていますが自分であっちの業者から買えば2000円ちょっとで買えてしまう

まだ実際には使っていないので使用感は解らないけど触った感じはほんとよく出来ているので満足感は高い
あまりによく出来てるから思わず笑ってしまったよ
で、1つの気になる点が浮かぶ訳です

本物はどこで作られているのか?」

という疑問
価格を考えると国産であるべきなのですが、各ショップの説明はおろか公式サイトにまで生産国が明記されていない
その事を踏まえるにもしかして本物もMade in Chinaですか?
もしだよもし、本物も中国製だったとしたら「本物作ってる工場が横流ししてるのでは?」
中国の工場を舐めたらあかんですよ
本物と偽物が同じ工場で作られてるなんて日常茶飯事
大体国産だったら売り文句に必ず「国産」の文字が出ていて然るべきなわけで・・・可能性として大いに有りそうですね

この中華グリップを売っている業者はこんな物も売ってます

Y1689BL-1-d5cc-XMpy

うーん、これは

Y1688BL-1-717e-ahlj[1]

うーん、これも
あれだよね
ド〇スの折りたたみ式高級グリップ

この会社のグリップは数年前から既にコピー品が蔓延しているそうで各地に偽物が出回っていますね
この業者が扱っている偽物のいい点は「無地である事」
大抵偽物の商品はダッサい柄が入っていたり聞いた事も無い様な謎のメーカーロゴが刻印されていたりするんですがこれにはそれが無い
完全なる無地

価格は上で2500円、下で3500円
正直めちゃめちゃ魅力的に感じてしまう
下のはカーボン素材なので原価の時点で結構高い

この手の中華グリップはおそらく出所が同じです
ロゴや模様が違っていても中身は全部一緒のはず
その割りに値段が大きく違うのでもし購入しようとしてる人がいるなら値段には注意しましょう
偽物の癖に謎のメーカーロゴが入っただけで4-5000円アップなんてよくある話なのでそんな商品に騙されてはいけない
上にもありますが所詮偽物は2-3000円程度の品なんですよ
個人的に偽物に出せるのは4000円まで
それ以上はナンセンス

話は戻って今回買った中華グリップは色々と遊んでみようかと思っています
予想以上にいい作りなのでそのままにする可能性もあるけど本物は高過ぎて手を加えるなんて無理だし偽者ならではの遊びをしたいですね
色付けたり勝手にロゴつけてみたりw

最後に大事な事を

決して偽物を薦めている訳ではありません

でも本物高過ぎだと思うよ正味な話

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中