釣り サーフでシーバスを狙う上で大事だと思う事

ネタが無いので雑感その他諸々を考えてみる
自分がサーフシーバスを狙う上で大事にしている事を纏まりなくつらつらと書き連ねてみよう
連ねているだけなので全く纏まりはありまへん

サーフシーバスいいですよね
リバーシーバスに比べて数も出ないし難易度も高いと思うけど何より食えるというのがでかい
食べて美味しい釣って楽しいそんなサーフシーバスですが色々な場所で聞かれるこの台詞

「今日はベイトがいないから釣れないor釣れなかった」

これって本当?
自分的には半分本当半分嘘
それは何故か?
シーバスはベイトがいようといまいと回遊していると考えているから
ベイトがいない事を理由にするよりも自分が予想しているルートをシーバスが通ってくれなかった事を考えるようにしています
ベイトがいるに越した事はない
そんなの当たり前の話だしいたら誰だって釣れる
でもその考え方だと釣れなかった時に最初に挙げたベイトがいないから云々って話になってしまう
それだといつまでも上手くなれない気がする

自分がいつも大切にしているのは釣れた時の状況と釣れなかった時の状況をどちらも大事にするという気持ち
状況とは「潮」「時間」「タイミング」「食い方」「場所
場所に取り消し線を入れたのはそれ程重要視していないからです

たまに前回釣れた場所に直行していつまでもその場所で粘る方がいますが自分はあまりそれはやりません
ゴミが多いとか人が多い等の理由で直行する事はありますが実際にルアーを投げてみて潮の効きを確認してから回遊を待つようにしています
前回釣れた場所に行ってみて潮が効いてなかったらその場所はやめて他を探す

シーバスは潮に乗って回遊します
青物みたいに遊泳力が高い訳でも捕食が上手い訳でもないので潮に乗りながらゆったりと泳ぐそうな
だから単純にサーフのシーバスを釣りたいならその日一番潮の効いている場所を見つける事がとても大事
もしその場所が解れば回遊が起こった時に必ずそこを通るはず
ベイトについている訳ではないので近くにルアーが通れば高確率で食ってくると考えます
自分が「ここは潮が効いてるな」と感じた場所があればランガンを止めて粘る。とにかく粘る

一番悲しいのは「歩いている時に目の前をシーバスが通る」事
これは実際に目に見える訳ではありませんし起こっているのかも解りませんが可能性としてある以上それは避けたいのでここだと決めた場所があれば粘る様にしてる

釣れなかった時は「運」と考えず必ず理由を考えます
釣れた時の理由は比較的説明がし易いが釣れなかった時の理由ってあまりにも多すぎてとても書けないよね・・・
単純に回遊が起こらなかった?他に潮の効いている場所があった?ルアーの選択を誤った?
難しいですね
でも「ベイトがいなかったから」ってのは出来るだけ考えたくないですね

ヒラメやマゴチといったフラットフィッシュは全く違い完全にベイトに付く魚だと勝手に思ってますので上に書いた事は全く当てはまりません

まぁしかし意味不明の内容のない日記になったなw
でも自分はこういう釣りをしています

そういえばもうすぐフィッシングショー横浜ですね
ライブ配信あるのかな?

村越正海さんのblogで宣伝されていたこれ

<1月31日(日曜日)>

11:00~11:40(主催者ステージ)

高橋明彦(ダイワ)、日置淳(シマノ)、林賢治(がまかつ)、の3人が登壇する投げ釣りステージのMC(司会進行)として参加。内容は、当然投げ釣り一色。
見た過ぎるw
シマノとダイワが一緒になったトークショーって好きなんだよなぁ
林賢治さんは九ちゃんフィッシングでお馴染みですな
豪華過ぎる面子です
内容がめちゃめちゃ濃そう

西日本釣り博はこういう濃い内容は実現出来るのでしょうか・・・そこほんと大事

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中