釣り やっぱりメイホウ

雨ばかりでネタがないので超今更なルアーケースの話を少しだけ

今メインで使っているのはこれ
IMG_0241a

アイマのルアーケース3010
メイホウのOEMだよね
これはいいです。とてもいいです。
メイホウ純正はカラーリングが無骨(それが売りでもあるが)だけどアイマのは綺麗な色で選ぶ楽しさがある
あえて欠点を挙げるならリップ入れると13cmぐらいになるルアーが縦に入らない事
ミノーを入れる場合は微妙に長さが足りないので仕切りを取って写真の様に全部横に入れる事になってしまう
一番右の仕切りは使用済みルアーを入れる為に空けているスペース
因みに水抜き穴はないです

厚底タイプの3010NDDMもありますが、アマゾンでは本来ノーマルより高いはずの3010NDDMの方が安くなってますw
ノーマルの方が売れるから?

で、買って損したと思うケースもあるわけで

IMG_0244

山田化学のタフケースW210
釣具屋で買うと実売400円前後でメイホウのケースより若干安く仕切り用のパーツも一杯入っていてお得に見えるのですが・・・
蓋の留め具が弱い!ほんとありえない程弱い
1個目は買ったその日に爪の部分が折れて即返品
交換した品もたった2日使用しただけでぺこぺこ外れる様になり結局ガムテープで止める事に
使い物にならないので現在は家用のルアーケースに

IMG_0242

これも山田化学の製品で上の品の薄型タイプである「タフケースL212浅型」

これは後発の製品らしく蓋の留め具に改良が見られ折れたりする事は無いが今度は写真にある蝶番?の部分がパコパコ外れる様に
折れたりはしないが完全に馬鹿になっていて毎回の様に外れてイライラさせられる
ジグや鉄板入れるにはいい薄さなので現在でも使用中だけど近いうちにこれも家用のケースになる事でしょう

あまり言いたくはないがまさに安物買いのなんとやらって奴です
釣具屋にはどこでも売ってる品だけど個人的には絶対お勧めしない

選ばれるには訳があるとはよく言いますが多少高くても昔から親しまれているメイホウ製品は選ばれるだけの価値と意味があるのだと改めて痛感しました。
因みに自分が小学生の頃に買ったメイホウのタックルボックスは20年以上が経った今でも全く問題無く使える状態で残ってます。

2016年現在はこんなケース使ってます。
釣り 今現在のルアーケース

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中