釣り 古賀サーフを見てみよう

今朝も堤防側へ行ってきましたが駄目だった
土曜日という事で他のアングラーの方も数名いらっしゃいましたがみなさん撃沈した様で
ベイトは相変わらずいてくれてる
でもやはりイワシのサイズが小さすぎるのか今一盛り上がりにかける

まだ日の差していない時間帯にスローブラットを投げてましたがフグの猛攻に会う
あいつらが凄いのはちゃんと口使って食ってきてる所
大抵リアのフックをガッチリ咥えて上がってくる
うーん、フグが食ってくるなら他の魚も食う・・・のか?
何も反応しないよりはいいけどなんか違う気もするw
激しくしゃくる釣りではないのでそれほど疲れないしやってて面白いよ
後は結果がついてきてくれればいいのだが

そういえばみなさんグーグルアースは使ってますか?
普段よく行く場所でも改めてよく見てみると気付いてくる所があったりなかったり

150808112a

これ、グーグルアースで古賀サーフ新宮側をアップにして見た所
この画像で解るかな?
ずーと馬の背が続いている
そして途中からワンド状に広がりを見せる場所がある
ここは昔からフラットフィッシュのポイントであり、狙うべき所なのだが今現在ここはエイの巣になっております
この写真はおそらく干潮~満潮の中間ぐらいの潮だと思いますが、狙い方として見えてくるのは大きく分けて二つだと思うわけです

1つは干潮のタイミングで馬の背まで上がって沖を狙う釣り方
ただしいくら干潮とはいえ手前が深くなっているので1人では絶対に出来ない上に数人でも危険を伴う
実際沖まで立入ってる方を見た事がありますが、自分には恐くて無理。

もう1つは満潮のタイミングで写真から見て馬の背の上下を攻める釣り方
満潮のタイミングだと沖側の掛け上がりを狙うにはおそらく100メートル近く投げないと届かない
自分の経験では古賀サーフの場合だと沖側の掛け上がりにマゴチがついている事が多い気がする
だもんでマゴチ狙いだとジグもしくは鉄板の釣りになる?
それとは逆にヒラメは手前側にいる事が多い様な気がします
といっても自分は古賀サーフのヒラメはソゲクラスしか釣った事がありませんが
先日お会いした近藤清之さん曰くソゲがいるなら可能性は有るとの事

雰囲気はある海だと思うんですけどね
釣りだけで考えればやはりもう少し深さが欲しい
シャローをしっかり引けてウォブリングの強烈なミノー何かありませんか

 

Jackson(ジャクソン) ルアー ギャロップ アシスト 30 WRD
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中