釣り 古賀サーフ 15年02月15日

今日は珍しく福間側のサーフへ
お決まりの坊主
フグすらかからない
ベイトはおろか魚の気配そのものを感じ無い海

やはり福間側は新宮側以上に遠浅だ
満潮のタイミングで膝まで浸かってもショアラインシャイナーZ120で底にゴツゴツ当たってしまう
ミノーだとシャロー系使わないとストレスが溜まりそう
比較的シャローもひけるビーチウォーカーアクシオンもガッツンガツン底突く

諦めて帰り支度している時に1人の散歩中のおじさんに話しかけられて色々とお話を伺うことが出来た
そしてもう飽きるほど聞いたあの台詞をまた聞いてしまった

「昔はここも一杯釣れたんだけどね」

うーん、みなさんほんと同じ事を仰いますな

自分は昔から釣りばかりやってて引退後10年近くのブランクが有り一番いい時を知らない
昨年少し釣り再開して今に至るがここまで海が変わってしまっているとは思っていなかった
潮がそもそも別物だしこんなに浅い海じゃなかったのに
大根川も今の3倍は水量があってフナ釣り師とか一杯いたし自分も毎日の様に行っていた
今や大根川で釣りしてる人なんて極々稀に目にする程度だろうか
大根川の水量の減り方見ていると本当になにか悲しくなります
おそらくこのままでは後30年・・いや20年後にはほとんどの水が無くなっている事だろう

なんだか今日はしんみりしてしまった
ベテランからの「昔は・・・」は中々に重い言葉だと感じてなりません。

広告

釣り 古賀サーフ 15年02月15日」への4件のフィードバック

  1. >tkさん
    こんにちは
    ヒラメは今が一番美味しくサイズが狙える時期なので「今」と言いたい所なのですが、ベイトが入ってこない現状では坊主当たり前の厳しい釣りになってしまうと思います。
    本格的に狙うなら福岡の場合ですとやはり4月ぐらいからでしょうか。

    青物は・・・ヒラメより厳しいかもしれません。
    新宮ですと相島の磯に行けば青物の実績がありますので十分チャンスが有ると思います。
    新宮のサーフは4,5年前まではブリクラスの接岸もあったそうなんですがここ数年は全く話を聞かないと常連の方から聞いた事が有ります(ノД`)

  2. 大根川の水量は古賀ダムが建設されてから減ったそうですね。
    古賀ダムが出来る前までは、大根川清流域にヤマメが生息していたとの文章を読んだことがあります。

    自分の考えですが、川の大きさ=シーバスの数(フィッシュイーター)と思うので、昔が釣れてたというのも理解出来ました。

  3. >koshiさん
    やはりダムの影響なのでしょうか
    その辺詳しく知らないのですが徐々に減っていくものなんですね
    確かに昔は上流に清流に住む魚もいたと聞いた事があります

    久々にダム周辺を航空写真で見てみると採石場が大きくなっており酷い土地になってました・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中