HD598とGamecom 380のイヤーパッド

本格的な夏になる前にやっておこうと思っていたヘッドホンのメンテナンス
特にイヤーパッドは汗臭いので掃除してみた
撮った後に全部ピンボケしてることに気付いた今日この頃

CIMG1079[1]

HD598は簡単にイヤーパッドが外せる様になってます

CIMG1081[1]
CIMG1082[1]

こっちはGamecom 380
これも簡単に外せる様になってる
最近使ってないけどせっかくなのでこっちも綺麗にするです
使わず放置してたんで埃たまり過ぎ

イヤーパッドのメンテナンス方法はゼンハイザーのサポートの方にお聞きした方法を少し転載

———————————————————————————————-
臭いを取る方法でもっとも簡単なのは、
イヤーパッドを外して市販の消臭スプレーをかけて頂く方法です。

HD598のイヤーパッドはネジ等は一切使用しておらずツメにより固定されていますので、
手でイヤーパッドクッション部を引っ張って頂くだけで取り外しが可能となります。
取り付け時は、手でクッション部を押しこむ事で取り付け可能となります。

その他の方法といたしましては、
ぬるま湯でうすめた中性洗剤に柔らかい布を浸し、硬く絞って表面をたたくように拭き取り、
その後水で湿し、硬く絞った布で洗剤液をよく拭き取り自然乾燥して頂くのが良いか思われます。

お客様自身での掃除、修理時の破損につきましては責任を負いかねますのでご了承下さい。

———————————————————————————————-

丸洗いはやんない方がいいみたいです
消臭スプレーはあまり好きではないので今回はオシャレ着洗い用のエマールでトントントントンと叩いて綺麗にしました
これだけでも少し布に色が移っていたので丸洗いはあかんね
色落ちして残念な事になってしまいそう

CIMG1086[1]

ピンボケで解り難いけど見た目はかなり綺麗になった
Gamecom 380の方はそれ程ハードな使い方をしてないので臭いも綺麗さっぱり取れてくれたんだけどHD598は・・・
まだくせーーー!
これはあれですか
臭いが取れるまで定期的にやんないと駄目な流れすか
つまり臭いが癒着する前にメンテナンスをやっておかないと後で面倒だぞという事ですかね

一応パッドだけの販売もあるけど安くないし定期的にやんないと駄目すな
まだやってない方は大事に洗ってやってください
丸洗い駄目よ

ちなみに自分のHD598
最近修理に出して帰ってきたばかり

CIMG1085[1]

というのもヘッドクッション部分がこんな事になっていたから
糸が解れて中のクッションが出てきてしまった

しかしこの部分に関しては消耗品扱いらしくなんと保証対象外・・・
その他にもケーブルの接触不良がプラグ付近に起こっていたんですがそれに関しては保証対象内でケーブルの交換を無料でして頂きました
てっきりクッション部が保証内でケーブルは保証外だと思っていたので予想外だった
おそらくケーブルも断線してしまったら保証外になるんじゃないかなぁ

ちなみにHD598のヘッドクッションは品番「SENNHEISER 542186」として2000円で販売されてます。
イヤーパッドは色々なショップに置いてあるんだけどヘッドクッションは滅多に置いてないんだよねぇ
ゼンハイザーの方が言うには店頭等に無かった場合はヨドバシ等で発注して下さいと仰ってました。
また、日本ゼンハイザーは基本的に部品をストックしてないらしくドイツの方に発注するので2週間ぐらいはかかります、との事でした

普通に買える部品だと解ったのでヘッドクッションに関しては保証を断りました
だってシールで張ってあるだけなのにメンテナンス料まで取られちゃうし(´_`;
とりあえずもう少しボロボロになったら購入を考えるという事でw

大事に使ってるんだけど消耗品部分に関してはやはりどうしても劣化が起きてきますね・・・

ゼンハイザー イヤーパッド HD598用 542191【国内正規品】
ゼンハイザー
売り上げランキング: 11,992

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中